2009/03/31(Tue)
活〆のホッケをフルコース料理にしました^^Part2の続き・・・

↓↓↓でこちらが↓↓↓

活〆ホッケのフルコース

♪♪♪♪♪活〆ホッケフルコース♪♪♪♪♪
ホッケの昆布〆
ホッケの頭とカマの塩焼き
ホッケのアラ汁(潮汁)

おまけとして、炊き込みご飯
水菜とセリと若布とキュウリのサラダ卵添え
♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

食した感想ですが、
昆布〆は1時間ぐらい必要だったかもしれません。
昆布のしみこみが浅く、昆布〆風味になっちゃってました^^;かなり残念。

塩焼きはGood。
非常に美味しく、ホッケに対してのイメージが変わりました。
今度は丸ごと一匹を塩焼きにして食べてみたいですね。
そぞかし旨いことだと思います。

アラ汁(潮汁)
こちらも非常に美味でした。
ホッケのキモは甘みがあって旨い。
もしかしたら、北海道とかではキモを入れた鍋があるかもしれないですね^^



いや~~~しっかし、活〆のホッケは本当に、この東京では貴重だと思います。
大変に満足でした♪(v^ー゜)ヤッタネ!!





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/31(Tue)
活〆のホッケをフルコース料理にしました^^Part1の続き・・・

なんとなく、MY包丁もパシャリ^^
ツヴィリングJ.A. ヘンケルス の 包丁 を使用してます。

ホッケの身とMY包丁

出刃包丁もありますが、このような小物にはめっきり
ツヴィリングJ.A. ヘンケルス の オールステン包丁 を使っています。

そして昆布〆にしたいので、
ホッケの身を、このように昆布で両面を挟みます。

ホッケの昆布〆

どうですかこのホッケの身質♪
とても美味しそうです。

約30分冷蔵庫にて放置したのちに、刺身をひいいて盛り付け^^
ちょっとゴージャスに見えるように、菊盛り風にしてみました。

ホッケの昆布〆盛り


そして、ホッケの頭とホッケのカマは塩焼きです♪

ホッケの頭とカマの塩焼き

塩を振って、約10分ぐらいしてから焼きます。
中火よりもやや弱火、弱火よりもやや中火加減で、皮目を5分裏を1分。
ちょっと5分は長いですね^^鰭が思いっきり焦げてました。
でも焼き浸しにするならこん位に焦げてもいいかも^^

そして、最後はホッケの中骨や皮やその他のアラ類での潮汁。
今回はホッケの肝も入れてみました。

ホッケのアラ汁(潮汁)

アラは生臭みが多く出るので軽く塩を振って、一度、熱湯で湯がいて、臭みを取り除き
そして鍋に投入して下さいね。
味付けは塩と料理酒、そして隠し味にナンプラーを入れてます。
このナンプラーが味噌ですよ。皆さん^^♪

湯気の影響で、画像が鮮明になりませんでした^^;

活〆のホッケをフルコース料理にしました^^Part3に続く。。。


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/31(Tue)
生まれて初めて、活〆のホッケをGet^^
貴重なホッケです。

正直、私はホッケが嫌いでした。

何故なら、あの居酒屋ででるシマホッケの開きしか食べたことが無いからである^^;

個人的には、味も何もしないと思っており、正直嫌いな魚でした。

でも、活〆となれば話は別です。

お刺身で食べれるのですから、昆布〆なんかにしたら、タラの昆布〆のような感じでは^^と思い、
早速、トライ~♪ヽ(^-^ )

ホッケ 
非常に綺麗な固体ですね^^

♪♪♪♪♪それでは3枚おろしスタ~ト♪♪♪♪♪

ホッケサバキ_1

魚をおろす基本中の基本としては、右向きにおいて、エラと腹ワタを取り除きます。

取り外した頭とカマは、真ん中から真っ二つに割ります^^

そして3枚おろしをします。

ホッケ三枚おろし

綺麗な身質ですね^^やっぱり想像通り、タラの身質に似ていましたね。

ちょっと苦玉の黄色が身についていましたが、これはしょうがないですね^^

そして皮をひくと、皮目は下のように綺麗です。

ホッケ三枚おろし皮目

ホッケの身UP画像

活〆のホッケをフルコース料理にしました^^Part2に続く。。。


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/28(Sat)
My潮溜まりの面々Part14
【メジナ】

体長:2.0cm
採取場所:房総半島(潮溜まり)
期間:2009/02/16~現在
エサ:ブラインシュリンプ・クリル
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:通年確認でであり、恐らく屋内であれば常温で大丈夫と思われる

メジナの幼魚

2月の中旬に捕獲したときには2.0弱の固体だったこともあり、
何の幼魚なのかまだ不明でしたが、メジナの幼魚でした。

このメジナは非常に餌付きもよく、とにかく一番飼いやすい種だと思います。

但し水槽に入れると、縄張り意識が非常に強くなり、二匹以上の混泳は避けたほうがいいでしょう。

淡水の金魚やコイのように、人間に本当になつき、エサの時間になるとアピールするようにもなります。

尚、病気にも強く、雑食性なので、何でも食べるようになります。

ほんの1ヶ月でかなり成長てしまいました。

今よりも倍の固体までに成長したら、海に戻そうと思ってます^^

それにしても、本当にこのメジナは可愛い奴です^^



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/25(Wed)
毎日、毎日、観察が楽しかったタコ。

今日も、エサ用のアサリを何個食べているかをチェックしに水槽を覗く。

今日は食べてないなぁ~・・・

・・・

?????????!!!!!!!!!!????!!!なぬ><;


なんと本日、二匹いるうちの大きいタコが伸びているではないか!?

工エエェ(゜〇゜ ;)ェエエ工!?

何故?何故?何故?何故?何故?何故?

くっそー。

一体、理由はなんだ?色んなことが走馬灯のように思い出される。

たどり着く記憶は、
2週間程前に海水の交換をした際に、バケツから脱走したタコが、
なんと新聞紙の上をはっていた。

実はタコやナマコといった軟体動物系は油にとことん弱い。

そんなタコが新聞紙の上を!!!!!!

新聞紙のインク油はタコにとって強毒である。

祈る気持ちで、タコに誤りながら海水に戻して、様子をみる。

非常に元気そうだったから安心したのが、敗因だ。

それから約5日ぐらいには、体表の粘膜が少し荒れていた。

でもアサリを本当に良く食べていたので、回復を信じていたのだが、

一昨日から昨日にかけての皮膚荒れの変化が凄かった。

ついに今日、力尽きていた。

これは本当に悔しい。

うかつに水槽周りに新聞紙を開いていた自分の過ちだ!!!

タコ自信の固体の力で復活を信じていたが、体の3/1以上を焼けどした人間と同じ状況だったと思う。

本当に自分のうかつさが、情けない。

残った1匹も同じように新聞紙の上をはっていたとこを発見した経緯もあり、

本当に油断が出来ない。

もっとしっかりと観察せねば。

とにかく、これから、そして今後、タコを飼う、飼育する方々は本当に気をつけてください。

エサはスーパーで売っているアサリで充分いけます。

だからこそ長生きするのですが、油との接触は絶対にさけてあげて下さい。

もうこんな悲しい思いはしないように対処します。







モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/18(Wed)
My潮溜まりの面々Part13
【アヤアナハゼ】

体長:8.0cm
採取場所:三浦半島(潮溜まり)
期間:2009/02/27~現在
エサ:不明
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:通年確認でであり、恐らく屋内であれば常温で大丈夫と思われる

アナハゼ

アナハゼ

既に二週間以上も経つのだが、なかなか落ち着いてくれない。

捕獲したときにはヒジキの群生の中にいたので、水槽内にもヒジキは入れてあるが、
水槽のはじを上下に泳いでいる。

クリルに食べずにいる。

ただ、一度だけお腹が異常に膨れていたときがあるので、何かを捕食したと思うが、不明。

恐らく青イソメかと思うが。。。???

餌付けが非常に難しいというか、かなり神経質な性格の魚なのかもしれない。

どうしよう。。。

あまりにもなつかず、そして落ち着かないのであれば海に返そうと思う。



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/17(Tue)
ハタハタの中に混ざっていた謎の魚!

多分、深海魚の一種です。

一体なんという魚なんでしょう・・・

凄い受け口でキバだいっぱい。
そして皮膚は鮫肌質だ く("0")>ビックリ

すっげぇ~ザラザラです。

ハタハタと一緒ってことは、深海魚と判断して間違いないと思うのですが。。。

誰かこの魚、知りませんか?

深海魚

深海魚

深海魚

本当に凄っえ~キバです。 \(〇_o)/コワイヨー

こんなん奴が巨大だったら、マジ、ヤバイですね。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/17(Tue)
My潮溜まりの面々Part12
【アオナマコ】
※正式にはマナマコであるが、色によって呼称が変わる。
体長:14.0cm
採取場所:三浦半島(堤防の岸壁) 
期間:2009/01/04~現在
エサ:生ワカメや海草
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:通年確認でであり、恐らく屋内であれば常温で大丈夫と思われる

アオナマコ

堤防の岸壁にへばりついていたアオナマコを玉網でGetした。
水槽に入れるのにちょうど良さげなサイズのナマコは珍しいと思う。

水槽にナマコを入れる理由としては、砂の表面を掃除してくれるから入れている。

ナマコにも種類がいるが、主に潮溜まりぐらいのエリアで発見できるのは、
アオナマコ・アカナマコ・クロナマコ
になると思う。

ちなみに食べて美味しい順番は、
1位 アカナマコ(生臭みがなく、爽やかな甘みがある)
2位 アオナマコ
(アカナマコより生臭みがあり、やや青臭さが口に広がるが、これが旨さである)
3位 クロナマコ(正直臭みが強く、ナマコの旨さの爽やかさが、えぐさになってしまう感がある)
ちなみに、クロナマコはキンコにするには良い。
※食材名のキンコとは干しナマコのことである。

ナマコの皮膚は油が付くと溶けてしまう性質のため、触るさいには気をつけましょう。

エサは市販の塩をまぶしてある生若布を、戻して与えれば長生きします。


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/17(Tue)
My潮溜まりの面々Part11
【アカガイ】

体長:殻幅4.0cm
採取場所:房総半島(磯の隙間) ※通常はこのような場所にはいない。
期間:2008/12/20~現在
エサ:不明
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:通年確認でであり、恐らく屋内であれば常温で大丈夫と思われる

アカガイ

アカガイ

特別なエサを与えているわけではないが、非常に元気にいる。

本来、赤貝は砂泥地に潜って生息しているのですが、
私がたまたま見つけたこの固体は、溶岩質の磯の間にコロっといたものです。

まさか磯にいるなんて全く想像していませんでしたから、見た瞬間には、変わった貝をGetしたと思い、テンションUP。

マジマジ見ると、ん?これって?赤貝

この赤貝は、どうもその岩の隙間で成長していたらしく、殻にケヤリ虫の巣が出来ています。

本当に稀な固体ですね~~~。

磯の間での生活が永いせいか、この赤貝は砂地に潜る気配は全くなし。
っつ~かベロが退化してるというか、短い固体になっていました。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/17(Tue)
いつも水槽の中を元気良く遊泳しているタカノハダイ(通称:タカッパ)が居ない~(°°;))``。。オロオロッ。。''((;°°)~

何度も何度も水槽の中を見るが、海草の陰にもいない。何故???

っと!思ったその瞬間、エビが何かにカジリついてる。

(°д°;;) まさか!

(个_个) ジッ~

!Σ( ̄ロ ̄lll) ガビーン!!!

見るも無残な状態で白い姿になっていた。

。・°°・(;>_<;)・°°・。

なんで突然なんだ。

よくよく考えてみると、昨日の晩にエサを多く与えてしまったことに原因があるようだ。

しくじった。アナハゼが全く餌付かないから、多めに与えて様子を見ようとしたのが仇になったようだ。

恐らく、死因は消化不良によるものだと思われる。くっそ~~~。

こんなに可愛い個体はそうそういないから余計に悲しい。

何年もかけて大きくなることを願っていたから本当に凹みました。

今日まで本当にありがとう。決して忘れません。

タカッパ


とても気に入っている一枚を記念にUPします。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    8歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います