2015/08/18(Tue)
 ツメタガイは小学生以後、気にもとめていなかった。

気がつけば、卵塊は見かけるものの本体をずっと見かけていない。

ことし、ツメタガイに照準を合せて色々と砂浜を駆け巡る。


ようやくツメタガイやらスカシカシパンの聖地を見つけ、他にもいないか探していたら!!!!


フロガイ


同定に苦労しました。
鳥羽水族館のとある方に同定していただきフロガイと判明。

房総にもいるんですね!

初物はやはり嬉しいものです。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/19(Sat)
 2013年10月11日の磯遊びでは、初物となるハツユキダカラが採取できた♪

オミナエシダカラガイばかり数多く発見できるのですが・・・ハツユキダカラは今回が初。

ハツユキダカラの特徴は、オミナエシダカラガイよりも貝殻の貝高が高く大きいけど、
正直、海の中では瞬間的には見分けが付かなかった^^;

画像真ん中のやや大きいのがハツユキダカラです。

ハツユキダカラ

こうやって外套膜を引っ込ませれば見分けが簡単^^
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/08/06(Mon)
 今年の房総は初物が多い^^
このナツモモガイも今年初めて見つけた。

ナツモモガイ5 

ナツモモガイとミル(緑色の海藻)

ナツモモガイ2
黒い?斑点模様が特徴的です。



前々回の房総磯遊びの際に初めて見つけ、
まとまって見つけられたので、次回も見つけられるだろうなんて思っていたら・・・
今回の8月3日には、全く見つけられなかった。

時間帯なのか?潮の関係なのか?海のコンディションなのか?

謎だ・・・^^;

前々回に8個ほど採取していたので、My潮溜まりには足りているので
一度は食べてみたいと思っていたが・・・次の機会となりました。

ナツモモガイ3


ナツモモガイ4


ナツモモガイ6

ナツモモガイ 
なにやら・・・ミルの表面に生えている綿毛のようなものを食べているような感じでした。

この二日後には綿毛みたいなふわふわしたものが綺麗に無くなっていました。

観察がいがあります。


以上、ナツモモガイでした。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/08/01(Wed)
 タカラガイが産卵!そして育児!
My潮溜まりにいる房総産の オミナエシダカラガイが今日産卵した。

四国で 初めてカラガイを採取してから、タカラガイを発見する目利きができるようになり、
房総でも毎年採取できるようになった。

そのときの採取がきっかけで知ったのだが、
タカラガイは貝でありながら、どうやら育児をするらしい・・・
でも既にそんな事は忘れていた。

そして今日、水槽の壁面を見てビックリ!

o(@.@)o ナンジャコリャ!! 

o(@.@)o ナンジャコリャ!! 
??
o(@.@)o ナンジャコリャ!! 
???

オミナエシダカラガイ産卵

ちょっとキモイ気もしますが・・・ご勘弁を^^;
左側のオレンジ色の部分がお口です。
お口のそばから産出しています。

本来壁面にへばりついてる姿は ↓  ↓   ↓ 
オミナエシダカラガイ壁面


既に5時間以上経ちましたが・・・ここから離れる気配無しです。

卵塊を保護しているオミナエシダカラガイ

ショボイ目をしてますが、可愛いらしくて好きです。
今後、どのようになっていくのか楽しみです。
ちなみに水温は29℃です。


 
自分の行くMyフィールドでは、 タカラガイでも オミナエシダカラガイ が比較的に発見できる。
そしてMy潮溜まりで観察してわかったことですが・・・
ミルを食べるオミナエシダカラガイ
この
オミナエシダカラガイ は緑藻のミルが好物なようです。

水槽の中に緑が欲しくて、ナガミルやミルを投入すると・・・
必ず
オミナエシダカラガイ が寄ってきていつのまにか食べきってしまう。
タルダカラガイ も同居しているのだが、ミルを食べるのは今のところ オミナエシダカラガイ だけです。

タルガカラガイはこちら ↓ ↓ ↓
タルダカラガイ

ナガミルもミルも  オミナエシダカラガイに食べられなければ、それなりに長生きしてくれるのだが・・・
毎回残念ながら食べつくされてしまう。

今はもうミルが無くなってしまったので、次回の磯遊びでミルを探さなきゃ^^;

以上、タカラガイが産卵!そして育児!でした。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/07/21(Sat)
一昨年 だったか3年前だったか・・・
過去ログに埋もれていつだったか覚えてないが、ようやく不明だった巻貝が同定できました。

実は先日の磯遊びでも潮溜まりで、不明の巻貝をまたまた一個だけ発見!

ようやく今回、同定できてスッキリしたのでUPします。

クロヅケガイ
こちらがは何年か前の画像
クロヅケガイと判明

イシダタミのような蓋のくせに貝殻はクマノコガイのようにつるつるで黒い。

房総では珍しい気がする・・・特に私が行くフィールドでは、まだ二個目。


とにかくスッキリできたぁ!

以上、クロヅケガイでした。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2010/10/25(Mon)
いつもの磯場に行ってきました。

期待以上の収穫はあまりありませんが・・・絶対に手ぶらじゃ帰りません!

イソカニダマシと磯玉と傘貝と亀の手を少々Getしてきました。

砂場では残念ながら何も発見できません><;う・・・む残念。

今回捕れた磯玉はクマノコガイばかり・・・これも何か温暖化の影響が関係しているんだろ~か・・・

酒の肴として二人で二回分ぐらいの数だけにして後は傘貝10個程とカメノテ少々^^

クマノコガイって本当に真っ黒い貝殻をしていて、裏返すと中心のくぼみが綺麗な緑色をしている。

クマノコガイ

これが特徴なのですぐに見分けができます。

味も抜群で、貝殻から中身が全部出やすいのもこのクマノコガイの良さ^^

ちなみに・・・磯玉を食べる時、小料理屋や居酒屋では大抵が爪楊枝を使わせる。

ところが、この爪楊枝は一番よくないんです。

爪楊枝のせいで、一番おいしいふんどし部分が切れちゃうんですよ。

なので、本来ならば・・・安全ピンを使用するのがGood!

100均の安全ピンが本当に役立ちます。なので皆さん!!!是非、安全ピンで召し上がって下さいね^^

日本酒と磯玉!!!最高に至福のコンビ。黄金の組み合わせですね^^

真冬にコタツでみかん!ぐらいに最高です。

真冬にコタツで熱燗と磯玉!あぁ・・・想像だけで・・・脳内麻薬が・・・

今回の日本酒はこちら!

日本酒せんきん 日本酒せんきん

実に美味い!オイラは辛口よりも味が濃厚でしっかり、どっしりした日本酒が好き^^

なので原酒派!無濾過派なんです。

これ実に良いですよ。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/11(Fri)
ヤバイやばい(大汗)・・・

たまたま検索して開いたページに、タカラガイのオミナエシダカラのことが書かれており、卵を守っている親貝は採ってはいけません。ってなことが記載されていた。

(゜∇゜ ;)エッ!?

タカラガイってもしかして・・・卵を守る習性があるの???

そして更に検索してみたら!

Σ(´□`;)ハゥ

タカラガイの仲間は卵を産むと守る習性があります。
卵から子が孵化するまでエサも食べずにじっと守るとのこと・・・

っら~ Σ(~∀~||;)

そんなこと全く気にせず・・・別々の場所で大中小の三固体を速攻、採取しても~たぁ~(涙)

スマン><今後は卵を守っているのかど~かを確認するようにします。

タカラガイ(大きい固体)
この画像、本当は縦なのですが、横のほうが分かりやすいので横のままUP^^;

タカラガイ(大きい固体)
全長7.0cmで横幅が最大4.5cmもあります。

タカラガイ(大きい固体)
ここまで大きいタカラガイは初物。

ネットでいくら検索してもこの貝殻の模様が確認できないんだよなぁ・・・

結局、この子も未だに同定できずです^^;



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/07(Mon)
酒の肴として、時々食卓に上がる磯玉!

本当に日本酒に良く合う肴なのだが・・・一般的に見かける大きさって直径2.0cmぐらいから、せいぜいデカくても3.0cmぐらいだと思っていた。

ところが!!!

ところがどっこい!直径が、ヘアスプレー缶よりもデカいんじゃないのか?っつ~ぐらいのサイズがいました><

ウラウズガイって以前に当ブログで紹介したことがあったのですが・・・この貝のサイズもせいぜい2.5cmぐらい。

だけど・・・さすがは室戸!

磯場もハンパじゃないのに、こやつもハンパじゃない!

乾電池で一番大きいサイズといったら、言わずと知れた単一電池になりますよね。

想像してみて下さいな!

もし!

もしこの単一電池よりも太くて高くて大きい貝があったとしたら・・・

ど~ですか・・・磯玉がサザエぐらいのサイズって想像できますか?!?!?

続きは右下の続きを読むをクリックしてね^^


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/07/12(Sun)
いつも通り、ちょっと酒の肴を!と寄った場所。

やっぱりあった^^ウラウズガイ

シッタカは別物として、磯玉の中で一番旨いと思うウラウズガイ。

1時間ちょっとで二人分が捕れた。

そしていつものように塩茹でに^^

ウラウズガイの塩茹で

ウラウズガイって味はいいけど・・・やっぱり中身が途中で切れちゃう・・・
どんなに慎重に出そうと思っても、巻きつきが強くてやっぱり切れちゃうんだよなぁ・・・

そういえば・・・このウラウズガイって三浦半島では見たことないけど・・・ないのかなぁ・・・

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/06/28(Sun)
以前、磯玉の雌雄の見分け方や、磯玉の種類やその中でどれが一番旨いかなどのネタをUPしましたが、
磯玉の中で本当に一番旨い貝を紹介します。

磯玉の部類に含まれる巻き貝ですが、本当に数も少なく、
通常の磯玉が取れる場所で、一緒に見つけるのは結構難しいと思います。

というよりも、見つけたことがない。

それと、オイラが知っているのは本当に極一部のエリアのみだけでしか見たことがない貴重な巻き貝ですね^^

ちなみに!!!
水槽では3日ぐらいしか活きません。

ウラウズガイ

これがそのイシダタミよりも旨い貝のウラウズガイです。
磯玉の中では間違いなく一番旨いです。
ですが、旨けりゃ旨い貝ほど、ふんどし(キモ)部分が出てこないのが磯玉のサガ!
ウラウズガイのふんどしは本当に出てこないから悔しい思いをいっぱいします。

ウラウズガイ

貝の特徴は、ギザギザの突起があることですね^^

ウラウズガイ

オイラはこのウラウズガイを三浦半島では、まだ一度も見たことがないです。
既に捕り尽くされてしまったのかなぁ・・・

以上、ウラウズガイの紹介でした^^ノシ

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    8歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います