2012/08/10(Fri)
 8/1に産卵したタカラガイ(オミナエシダカラガイ)の卵塊が
昨晩の22時すぎから本日の早朝にかけて孵化(ハッチアウト)した。

昨日、 タカラガイ(オミナエシダカラガイ) は黒ずんだ卵塊を口で食べているようしぐさをしていた。
それから1時間後には育児を放棄したのか・・・ミル(緑藻)を食べていた。

卵塊をよくよく観察すると・・・

すでに外側はハッチアウトした後なのか、透明なゼリー状の物体のみ
中心部にはゼリー状の中に細かい点がまだいっぱいある。

マクロレンズで拡大してみると・・・@@;!!!うごめいている。

ガラスの面には、もうとにかく細かい何かがピヨピヨといっぱい^^

多分、 タカラガイ(オミナエシダカラガイ)の 仔貝と思われる。

頼む!
数匹でいい!なんとかMy潮溜まりで成長してくれ!

今日はゼリー状の物体しか残っていなかった。


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/08/09(Thu)
 My潮溜まりは今年も産卵ラッシュ^^

タカラガイ( オミナエシダカラガイ )の子守も順調なようで、段々と卵塊が黒ずんできています。
ただ・・・身体を張って守っているママ?は激ヤセで、凄く心配です。
目先に大好きなミル(緑藻)があっても離れて食べにいかずに頑張っています。
凄く健気です><

そしてその直ぐ横にミヤコウミウシが何故か卵を産みました。

ミヤコウミウシの卵塊1  ミヤコウミウシの卵塊2
どうでしょうか・・・わかりますか?
写真二枚とも、右が タカラガイ( オミナエシダカラガイ )の子守姿
左の水槽角にある白いリボン状のものが ミヤコウミウシの卵塊になります。

ウミウシ系の卵は・・・今年もきっとそのうち消えてしまうのだと思われます。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/07/23(Mon)
 今日は浜名湖まで繰り出した!
そして帰宅してハナハゼチェックをするやいなや
・・・

はっ!@@;

なんか一匹が急激に細くなってる。@@??

なんで!なんで?なんで!?!

ハナハゼペアのお気に入りのお家!岩ガキの巣を見てみると・・・

ハナハゼの卵

ヌオ!なんと!!!
タコの卵とおなじように、海藤花っぽい黄色の卵塊が見える!!! 

そうなんです!
ハナハゼが痩せていたのは、卵を産んだからなのです。
まさか、ハナハゼが産卵をしているなんて。
ちなみに水温は、28.5℃ これは帰宅時の水温です。

ハナハゼの卵防衛

それにしてもハナハゼの産卵なんてすごい!凄過ぎる!!!超楽しみでしう。 

本来は浜名湖での採取報告をしようと思っていたのに・・・
浜名湖から帰宅したと同時にハナハゼチェックをしたもんで、
最優先はハナハゼとなりました。

とにかく取り急ぎ報告まで^^

浜名湖の件は後ほど^^
では場合




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/07/08(Sun)
 ぬあんと!My潮溜まりが朝から騒がしい!!!

じぃ~・・・@@っとみると・・・何やら小さいプツプツがふわぁ~って漂って・・・

サツキハゼ産卵

そして他の魚達が一斉に

わぁ~い♪

わぁ~い♪  わぁ~い♪ 

わぁ~い♪  わぁ~い♪  わぁ~い♪ 

ってパクパク!!!

速攻食べないで><;

ショック!オワタ!あ~オワタ!
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2010/02/21(Sun)
自家製カラスミの作り方(本格編)その5

いっや~それにしても長いネタになってしまっているカラスミですが、根気が必要なもんでしゃ~ないかな^^

その5はかなりカギになる内容がカキコされています。

続きを読むからヨロシクね^^ノシ

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2010/02/16(Tue)
久しぶりにブログを更新します^^;
いっや~かれこれ2ヶ月以上も放置になってしまいました。
ブログネタは、確実にいっぱいあったのですが・・・何分・・更新する気力がエンプティになっていまして・・・
やっと気持ちが前進方向になり始めたので・・・古いネタですがちょっとずつ更新していきます^^;

っと!いうことで自家製カラスミの作り方(本格編)その4になります。

二回目の業塩からまたさらに1ヶ月ほど経ちましたら、業塩からカラスミを取り出します。
この頃(二回目の業塩)になると、業塩もかなり固まって硬くなっていますのでカラスミを取り出すときには慎重に作業を進めます。
カラスミに付着している塩をなるべく丁寧に取った後に、さっと水洗いします。
ここでもポイント!せっかく塩で余計な水分を抜いているのですから水洗いは極力短時間で済ますこと!

右下の続きを読むボタンで詳細内容に移ります。



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/26(Sat)
自家製カラスミの作り方(本格編)その3

あらら^^;なんだかんだで画像UP制限からその3まで引っ張ることになってしまいました。

二回目の強塩も・・・

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/26(Sat)
自家製カラスミの作り方(本格編)その2

強塩したボラの卵は、1週間が経過するころには・・・

強塩して1週間後のボラの卵
こんなに、水が上がってきます。

強塩して1週間後のボラの卵
6.0kg分の塩はボラの卵から出てきた水分でびしょびしょになっています。

強塩して1週間後のボラの卵
卵の油分も染み出ているので、黄色い水になっています。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/26(Sat)
自家製カラスミの作り方その1

今年最後の休日、久々にブログを更新^^;
予告通りにカラスミの作り方をカキコしていきますね。

そもそもカラスミとはなんなのか?
ボラの卵を塩漬けして干した珍味です。
カラスミの発祥はど~やらギリシャ周辺らしく、元々は鰆(サワラ)の卵で作られていたようで、それがシルクロ~ドを通って日本にまで伝わった説が有力なようです^^
そして当時は鰆(サワラ)そのものの水揚げが少なく、ましてやその卵となればもっと珍しくなってしまうため、当時、やたらと水揚げがされていたボラの卵が代用されて、今日までに至ったようです。
ま!どこまでが真実あのか不明ですが、ちょいとした雑学っつ~ことでヨロロ^^

さてカラスミの作り方ですが・・・

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/06/16(Tue)
My潮溜まりにデビューして、まだ間もないスジハゼが産卵を始めた。

スジハゼの産卵をネットで調べてみると・・・テッポウエビの巣穴に産卵するとの情報が多い。
ネットの情報は正直どれも、全く同じ文言なのでコピペっぽく、信憑性にかける内容ばっかしで残念!!!

我が家のスジハゼ君は、ど~も様子が違う。

卵管から卵を数粒出したら、クルッと反転して口で吸い込んでいる。
最初は食べてしまっているのかと思ったが、あくびをした口の中に粒々が見えたので、
口の中で保護しているのだと思う。

スジハゼの卵管から産み出される卵

スジハゼの卵管と卵の拡大写真

この写真は、約1時間半ほど観察していた中で、一番多くの卵を産み出したときのもの。
この後、クルッと反転して口で吸い込んだ。

このような行動を何度も繰り返している。

スジハゼとスジエビモドキ

周りにスジエビモドキがいて、三分の二以上は食べられてしまっていたが、この時は無事に口に保護された。

ヤドカリの殻に付着した卵だが・・・

ヤドカリの殻に付着したスジハゼの卵

この後、やっぱりスジエビモドキに食べられてしまった。

環境が環境なだけに、水槽での産卵パターンの可能性もあるし・・・
テッポウエビがいないのでなんとも言えないが、面白い産卵行動なのは確か^^

あとこのスジハゼは、ど~も複数の種類が一緒にされていたようで、少なくとも3種類はあるとの情報も確認。

Σ(゜д゜;) ヌオォ!?

だから、スジハゼAとかBとかCってあんだ^^;知らなかった・・・

っつ~ことは、このスジハゼがABCのどれなのかも確認しなきゃならんじゃないかぁ~~~・・・

そこの確認って結構めんどくせ~じゃんか!!!

ヴァ~~~・・・こうなったら確認してやるぜ><

ど~りで同じスジハゼのクセに、なんか色合いが違うんだよなぁ・・・気のせいかな???
でも上から見た時の色の違いは、ハッキリ確認できるし・・・
微妙に種類が違うんじゃね?って、ウスウス感じてたもんなぁ・・・

っつ~ことで、スジハゼの何か?に関しては不明ですが(今後判明したら報告します)
我が家のスジハゼの産卵行動でした。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    8歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います