2015/08/18(Tue)
 ツメタガイは小学生以後、気にもとめていなかった。

気がつけば、卵塊は見かけるものの本体をずっと見かけていない。

ことし、ツメタガイに照準を合せて色々と砂浜を駆け巡る。


ようやくツメタガイやらスカシカシパンの聖地を見つけ、他にもいないか探していたら!!!!


フロガイ


同定に苦労しました。
鳥羽水族館のとある方に同定していただきフロガイと判明。

房総にもいるんですね!

初物はやはり嬉しいものです。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2015/08/11(Tue)
 二年ぶり?ぐらいの更新かな。
最近、磯遊びがメジャーになり、どこもかしこも芋洗い。
言いたい事は山ほどありますが、あえて何も書きません。

さて気を取り直して!

今回は房総のとある秘密の場所で、MY潮溜まりのレイアウトのために
あるものをお持ち帰りし水槽投入。

1週間後、何やらガラス面に透明な菊の花ビラのようなものが!

水カビ?なんておもってジッとガン見・・・!・・・!・・・!@@!う!うごいた?動いてる?

もう一度目を凝らすと、先が二股に分れている触覚が左右にありゆっくりとクネクネ?滑るように這う。

な!なんと@@!透明な花びら姿のウミウシ。

スカシウロコウミウシ

どうやらスカシウロコウミウシのようです。

腹側

スカシウロコウミウシ_腹側

取り急ぎ大興奮しながらの更新まで。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/19(Sat)
 2013年10月11日の磯遊びでは、初物となるハツユキダカラが採取できた♪

オミナエシダカラガイばかり数多く発見できるのですが・・・ハツユキダカラは今回が初。

ハツユキダカラの特徴は、オミナエシダカラガイよりも貝殻の貝高が高く大きいけど、
正直、海の中では瞬間的には見分けが付かなかった^^;

画像真ん中のやや大きいのがハツユキダカラです。

ハツユキダカラ

こうやって外套膜を引っ込ませれば見分けが簡単^^
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/19(Sat)
 My潮溜まりには三匹のナンヨウツバメウオがいます。
2012年の8月に三浦で採取したナンヨウツバメウオは今、成魚の色合いに変化途中

2012ナンヨウツバメウオ

そして今年は、房総にて二匹のナンヨウツバメウオを採取。
大きいナンヨウツバメウオの幼魚は、三浦のナンヨウツバメウオと一緒♪♪♪♪♪♪♪
三浦のナンヨウツバメウオ成魚と房総の幼魚ナンヨウツバメウオ

そして同じく房総採取のもう一匹。
一円玉よりちょっと大きいぐらいのベビーナンヨウツバメウオ
一円玉サイズのナンヨウツバメウオの幼魚

そして!!!ドUP!!!

一円玉サイズのナンヨウツバメウオの幼魚のドアップ

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/14(Mon)
 2013年10月11日の磯遊びでは幸先の良い発見スタートが出来た。
早朝とあるポイントへ何気に立ち寄り、モッカンいないかなぁ・・・なんてヘチを覗いてみたら!!!

岸壁にモッカン

うじゃうじゃいるじゃありませんか!モッカンだらけ。
わかりますかね。画像クリックで拡大して頂ければ確認できると思います。

房総ではモクズガニの事をモッカンと呼びます。

モッカン

早速カゴに入れて泥吐かせの為に海へ投入^^

モカン(クーラーBOX)

数時間、海中に投入し、クーラーBOXへ。それでも水は汚れますので小まめに交換必要です。

自宅に帰って蒸篭蒸しに^^♪

もっかんの蒸篭蒸し01

蒸篭蒸しのモッカンは、内子と味噌の味が絶品^^♪

新政酒造の六号ひやおろし

日本酒は秋田の新政酒造の六号ひやおろしとの相性が抜群♪

至福の晩餐になりました。






モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/14(Mon)
 2013年9月三浦で初のアケボノチョウチョウウオの採取に成功→友人へプレゼント
2013年10月には房総でアケボノチョウチョウウオ初採取に成功→My潮溜まりにデビュー

アケボノチョウチョウウオ01

アケボノチョウチョウウオ02

色の配色が大好き^^

アケボノチョウチョウウオ03

本当に綺麗だよなぁ・・・♪

アケボノチョウチョウウオ05 アケボノチョウチョウウオ04

ナミチョウとの相性もよく、互いに関渉せずだったのに・・・
画像にいるホンソメワケベラの幼魚ではなく、

アケボノチョウチョウウオ06 アケボノチョウチョウウオ07

この三倍ぐらいのホンソメワケベラの幼魚を導入して1週間ぐらいたったら・・・

出勤前の朝チェックでは何も変わった気配なかったのに・・・

夜帰宅したら・・・とんでも無い事になっていたアケボノチョウチョウウオ

アケボノチョウチョウウオ無残な姿

なんでなんでなんで!!!!!
決してニセクロスジギンポではないはず!!!口は下向きについていない。

でもなぁ・・・ここまで酷いとニセクロスジギンポの幼魚なのかなぁ・・・
いや違うハズ!採取時にはタカノハダイやらササノハベラやメバルの体をお掃除していたし・・・
だけど何匹もホンソメワケベラいたもんなぁ・・・越冬サイズらしき個体も10匹以上いたし・・・
もしかしてニセクロスジギンポもいるのかなぁ・・・

採取時に入れ替わったのかなぁ・・・

でも採取後にじっくりと口の位置を何度も確認してお持ち帰りしたのに・・・
でもニセクロスジギンポは図鑑でしか見た事ないから、宝物に近いアケボノチョウチョウウオがここまでボロボロになっていると・・・やっぱりニセクロスジギンポなのかなぁ・・・

最初は90cmのMy潮溜まりだったけど・・・3日目には大きいナンヨウツバメウオがやたらと嫌がり、上部のヒレに亀裂が入ってしまいアケボノチョウチョウウオのMy潮溜まりへ移動。
理由は、ナミチョウが写真に写っているホンソメワケベラに気持ち良さそうに掃除をしてもらっていた事もあり、アケボノチョウチョウウオも嫌がる素振りは全く無かった。

ホンソメワケベラがクリーナーフィッシュでも、クリーニングしてもらう事になれていない魚は嫌がる。だからナンヨウツバメウオ中成魚は嫌がっているのだろう・・・と思っていた。ただ3日後に上部ヒレの亀裂から移動となった。

そして事件が起きた!
混泳しているアミメハギの尾びれもボロボロになっているし・・・でもなんでナミチョウチョウウオだけ綺麗なヒレのままだんだろう・・・全く納得できない。でも変わった事と言えば・・・やっぱりホンソメワケベラと思って信じている個体の存在しか考えられない。
写真を撮ろうとしても動きが機敏すぎてとれないのが悔しい・・・だから今日、濾過槽に隔離した。

そして私の宝物的存在のアケボノチョウチョウウは★いなってしまった。本当にゴメンね。

ニセクロスジギンポなのかなぁ・・・やっぱり・・・


悲しすぎる・・・

誰か似たような経験した方いませんか?




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/14(Mon)
 房総採取のナミチョウ・トゲチョウ・チョウハンの三つ巴

房総の三種のチョウ三つ巴

チョウハンだけ、残念ながら★になってしまいました。
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/13(Sun)
 2013年10月11日、いつものMyフィールドにクマノミを逃がしに来た。
自宅を出発時には雨だったが、天気予報は雨のち晴れ!きっと房総は晴れと信じてGo!
海沿いの天気は最高な天気。日差しの射し込む海色とそらと雲が絶妙。

房総20131011

ポイントに到着までの景色ポイントも最高

房総ポイント20131011

そしてMyフィールドの透明感も申し分なし。

房総の透明感

クマノミと遭遇した場所に、クマノミを逃がし他に何かいないか探すと…

岩陰から紅色っぽいスズメらしきものが…よくよくみるとメガネスズメダイの幼魚。
スズメは性格上から極力スルーなのだが、初物なのでGET

201311メガネスズメダイ

他には何も見つからず、以前から気になっていたポイントへ移動。これが正解だった。
エントリー前に、丘からある程度目星をつけてイザどぼん。

ほんの30分ぐらいで、サザナミの幼魚発見!
房総での出会い初めてなので興奮する。気持ちの焦りを落ち着かせる為に冷静に冷静にとジワリジワリと追い詰める。
!(◎_◎;)
ン!
あれ?!(◎_◎;)あっち!?!(◎_◎;)こっち?!!(◎_◎;)そっち??

さささ三匹もいる!!!!
残念ながら三匹GETとまではいかず二匹GET

ザザナミ幼魚二匹

大満足。今期最後の採取は最高に満足できました^^





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/09(Wed)
2013年10月07日
今年二回目のナイト磯遊び。前回よりも濁りと波が強くて広範囲を探せない。
慣れている場所とはいえ、やっぱりコンディションが悪いと、ビビる。呼吸も乱れがちだし、不意にでかいゴンズイやら浅場に出てきてるガンガゼにはビクつく。うねりも大いから、ヒメセミエビを見つけるなんてできる状況下じゃない。
ほんの1時間で諦めようとした時、ライトの明りの境目ぐらいに、ピンク色のヒラヒラって物体が、ときたま視界のあっちに見える。アカマツカサ?かナミマツカサ?か。ってかどっちでもいい。採取してからゆっくりみれば。

ライトの明かりの端にいるから、とにかく追いにくい。手は二本。なのにライト、玉網二本、持ちにくいし追いにくい。
呼吸も乱れ喉が痛い。1時間ぐらいまた粘ってようやく二匹GET。
この写真じゃぁわからないけど、My潮溜まりにはアカマツカサっぽいのと、ナミマツカサであろう魚がいる…と思っていたが…どうもクロオビマツカサがかなり有力。体全体の色だとベニマツカサも…だけどエラブタに赤黒い縁取りがないのがベニらしい…難しい。

ナミマツカサか、アカマツカサ

比較的餌付きやすいので白点病さえ出なければ長期飼育いけるかも。一昨年は白点病に負けたが、ここ一年は、白点病を克服出来ているのでちょっと期待してます。
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/08(Tue)
 越冬サイズのクマノミさん

採取した時の勇姿

房総のクマノミ

また、近々に、ってか二三日中に房総へ行くので、採取した場所に戻します。
今年も無事に越冬して来年はツガイになってる事を祈ってますよ。



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    9歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います