2009/05/11(Mon)
磯遊びでは必ず何かを捕まえると思う。
でもせっかく捕まえた生き物を死なせてしまった経験はないでしょうか?

もし、生き物を生かして持ち帰ることを考慮しているならば、必ずタイドプール(潮溜まり)を確保すること。
これは結構ポイントですね^^
ただし、真水の場所もあるので注意すること。
この時期はボウフラが泳いでいます。

一番良い潮溜まりは、満潮時に必ず海とつながる場所で、なおかつ深めが好ましい

深めのタイドプール

何故なら、浅いタイドプールは日差しで水温がどんどん上昇してしまうら。うっかりしていると生き物は茹であがってします。
下の画像のような場所^^;

浅めのタイドプール

冬場は浅くても問題なしですが、夏場は水温上昇の考慮が必要ですね。

そして次に大事なのは、隠れる場所がなるべく少ないタイドプール。

隠れる場所が少ないタイドプール

岩肌があんまりデコボコになっていないのがベター^^


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    9歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
       
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います