2012/03/27(Tue)
去年(2012年)の9月頃に採取した小さなホンドオニヤドカリも今ではすっかり大きくなり・・・
一番大きなシッタカの殻をしょっています。
そろそろ姫サザエの殻でも投入してあげなきゃならなくなりました。

ホンドオニヤドカリってとにかく見た目とは大違いで、超ビビリ!

一度ビビルと何分待っても出てこない!

そんな超ビビリのホンドオニヤドカリがMy潮溜まりの中央に、しかも正面向き!

ライブロックの表面から何かをちぎっては食べているので、しばしジッと観察。

・・・

・・・・・

・・・・・

・・・!・・・・!・!!!

なっ!

なんと・・・ライブロックの表面に付着しているピンク色の石灰質の藻(石灰藻)をはがしては口に運んでいる。

ちょっと判りにくいですが、画像をUPします。

ホンドオニヤドカリのお食事2
右の爪が口へむかっている途中の画像です。爪の先にほんの少しですがピンクの石灰藻が確認できます。


ホンドオニヤドカリの食事1
どうでしょうか?こちらでも右の爪の先にピンクの石灰藻が確認できると思います。

両爪で交互に口に運んでいますが、時々、両爪で大きくはがして口に運ぶこともしています。
残念ながら両爪で石灰藻を大きくはがした瞬間は写真を撮る前の出来事で・・・ついつい観察に没頭してしまいました。

基本的に、いつも岩陰に隠れていて、一体何を食べているのかさっぱり分からなかったのですが、これでやっと納得!

画像でもわかるように、右爪の周りは全てピンクの石灰藻が付着していたのですが、
15分ぐらいの間に、爪の届く範囲はハゲにされてしまいました。

っということで、皆さん!ホンドオニヤドカリを飼育する際には、石灰藻の付着したライブロックは必須ですよ。
ちなみに、固体が大きいと排泄物が半端ないので、海水がすぐに汚れます。

とりあえず、ホンドオニヤドカリは石灰藻を食べることがわかったので良かった^^


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/10/04(Sun)
My潮溜まりの面々Part62
イシダタミヤドカリ
体長:
採取場所:房総半島の磯
水深:1.0m
期間:2009/09/21~現在
エサ:干しアミ
雌雄:不明
寿命:不明
適応水温:初めての飼育対象なので不明

イシダタミヤドカリ
左の爪が大きいタイプのヤドカリです。

イシダタミヤドカリ
そしてこの眼の色が特徴で、紫色をしています^^

イシダタミヤドカリ

イシダタミヤドカリ
ドUP^^;

イシダタミヤドカリ
ちなみに、左の子は
ホシゾラホンヤドカリだそうです。
半年以上の古株さんですが・・・まだMy潮溜まりの面々では未紹介
です。

体毛というか・・・体から生えている毛先が金色なのも特徴的ですね。

夜行性なのですが、
ヤマトホンヤドカリよりは環境に順応するスピードは早いようです。
お箸から直接エサを食べるようになったのも一番早かったですね。

イカの切り身を与えたのですが・・・数分後には放置してました^^;

やっぱり干しエビやクリルが好物なようです。



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/30(Wed)
My潮溜まりの面々Part61
ヤマトホンヤドカリ
体長:
採取場所:房総半島の磯
水深:1.0m
期間:2009/09/21~現在
エサ:干しアミ
雌雄:不明
寿命:不明
適応水温:初めての飼育対象なので不明

ヤマトホンヤドカリ
紅白の触覚

ヤマトホンヤドカリ

ヤマトホンヤドカリ
爪や足には剛毛が^^;

眼柄の赤縞・第2触角の紅白の縞々模様・体に生える剛毛!
この特徴がヤマトホンヤドカリのようです^^

こちらも夜中に磯場を潜って発見。
潮下帯の岩棚の間を見ていくと・・・たまに発見できます。

My潮溜まりの同居人のトゲトゲツノヤドカリよりは動きは遅く、大人しく夜行性なので、消灯後に動きまわっているようです。

大きめのシッタカを宿にしてるので、次の宿には小さめのサザエが必要になりそうです。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/30(Wed)
My潮溜まりの面々Part60
【トゲトゲツノヤドカリ】
体長:
採取場所:房総半島の砂地
水深:0.5m
期間:2009/09/21~現在
エサ:干しアミ
雌雄:不明
寿命:不明
適応水温:初めての飼育対象なので不明

トゲトゲツノヤドカリ
アンテナの役目の触覚形状が、他のヤドカリと違っています^^

トゲトゲツノヤドカリ

トゲトゲツノヤドカリ

トゲトゲツノヤドカリ

遠浅の砂地で夜中に潜って発見しました。
磯で見かけるヤドカリ達よりも動きは機敏で、素早いですね。
全体的に色合いも白くて個人的にはかなり気に入っているヤドカリです。
ヤドカリの爪って・・・・
左が大きいタイプ
右が大きいタイプ
左右対称
と3タイプいるらしく、このトゲトゲツノヤドカリは左側の爪が大きい種類でした^^


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/24(Thu)
ホンドオニヤドカリは食用ではないらしいが、昔、オヤジが言っていた言葉を信じて・・・本日、ヤドカリを食べることに挑戦^^

ホンドオニヤドカリ
このサザエは本当にデカイんです。だってオイラの握りこぶしよりデカイんですから^^
そりゃ~デッカイ、ヤドカリですよ。


ちょっとネットで調べてみたら・・・ど~やらホンドオニヤドカリは食用ではないらしいが・・・
ま!塩茹ででいけんだろ~と思い茹でてみた^^;

塩茹でしたホンドオニヤドカリ
非常に残念ながら・・・塩茹で中に美味しそうな臭いは一切無し^^;なんとなく嫌~な予感><


ヤドカリの爪と足と身
案の定・・・エビ・カニのように味噌はなく・・・っつ~かどっちかっつ~とチョイ臭い。
ちょっと味噌的なものをなめてみたが・・・><・・・シ!シブイ!!!テンションは急降下中・・・
結局食べられそうな部位は尻部の中の身と爪足ぐらいしかない><

そして尻部の中の身(画像右側)を一口食べてみた。

・・・

・・・・・

味もそっけもない!

っつ~ことで・・・彼女が塩コショウで軽く炒め始めました^^;

ズッキ~ニとヤドカリの洋風炒め
じゃ~ん^^実に旨そうに見えませんか?この盛り付けとアングル^^

でも足はただ盛り付けの演出用です。そしてお皿の中心にあるショボイ量がヤドカリの身。
オリ~ブオイルと塩コショウで炒めたら、尻部の中の身は一応?さっきよりは美味しくなりました。

そして画像中央の白いのはヤドカリの爪の身フレ~クです。
正直、ここが一番まともかも・・・ほんのちょっとの甘みがありました。

zakoが食した結論は!!!

二度と食べません!オイラのオヤジは嘘つきだ!とも思いました。
手間暇かけても全く意味なし!ど~りで漁師も捨てるわけだ!とやっと納得^^;
ダシも出ないので本当にNG
でもきっとヤドカリの種類によっては旨いのもあるんでしょうね。
とりあえず、ホンドオニヤドカリは食う価値無しでした。

今晩の酒は実に不味かった><;あ~あつまんねぇ~から、とっとと眠~よおっと!

おやすみなさいm(_)m







モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/11(Fri)
室戸岬で採取したヤドカリです^^

今まで、ヤドカリを注目したことが無かったのですが・・・
オイラがよくお邪魔するブログから若干興味が沸き始め、更には室戸岬で偶然発見したこの子をキッカケに注目するようになって来ました^^

室戸出身のヤドカリ

でも種類が全く分からない^^;

目が青くてヒゲが黄色の姿に w(*゜o゜*)w やった~カラフルなヤドカリ発見♪なんて大興奮したのですが・・・
実はカラフルなのは目とヒゲだけでした^^

でも房総にはいないのではないだろ~か・・・ど~なんだろ~か・・・



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/07/17(Fri)
磯玉を採っているときに、大きなトコブシを発見。

捕ってみると・・・なんだ^^;貝殻かよ!と思ったら・・・裏には二匹のイソカニダマシが宿っていた。
足も含めて横幅は4.0cm程でかなり大きめ!ここまで大きいイソカニダマシってもしかしたら初物かもしれない・・・

そのうちの一匹(♀)が珍しい色をしていて抱卵していました。

イソカニダマシ
甲羅だけが、オレンジなので珍しくないですか?
それとこの長いヒゲがイソカニダマシの特徴ですよね~

そしてもう一匹(♂)は通常の焦げ茶色。画像撮り忘れ^^;

もしかして・・・イソカニダマシってツガイで生活するのかなぁ・・・たまたまなのかなぁ・・・

ちなみに・・・

イソカニダマシはカニではありません。
タラバガニやハナサキガニと一緒でヤドカリの仲間です。

せっかくなので、My潮溜まりの新メンバーとしてデビュ~^^
でも結局はライブロックの下に潜ってしまうので・・・全く観察できず・・・ただの紹介になってしまいました^^;






モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/04/11(Sat)

My潮溜まりの面々Part21

【ヤドカリ】

体長:どう計れば分かりやすいのか思案中・・・

採取場所:房総半島(潮溜まり)

期間:2008/12/21~現在

エサ:魚の食残し等

雌雄:不明

寿命:不明(調査中)

適応水温:通年確認できる種であり、恐らく屋内であれば常温で大丈夫と思われる。

ヤドカリ

ヤドカリの卵って皆さん知っていますか^^

実は、貝殻の中で背負っています

ようは抱卵して、孵化するまで背中におんぶしているのです。

 ヤドカリ

ヤドカリ

そして、孵化できるようになると、親ヤドカリは貝殻を腰の辺りまで脱いで、

身体を揺さぶると・・・

一斉に、子供達が泳ぎ出します。

 

これは、かなり感動的ですよ^^

 

私の場合、メジナが水槽内に混泳していた為に、速攻、全てが食べられてしまいましたが。。。><;

 

ヤドカリは体が成長するたびに、貝殻を交換していきますので、

必ず、巻貝の大小様々なサイズを入れておいて下さいね^^

 

もし、自分のサイズに合う貝殻がないと、脱いだままになってしまい

魚に食べられてしまいますので^^



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    8歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
  1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
     
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います