2013/10/19(Sat)
 My潮溜まりには三匹のナンヨウツバメウオがいます。
2012年の8月に三浦で採取したナンヨウツバメウオは今、成魚の色合いに変化途中

2012ナンヨウツバメウオ

そして今年は、房総にて二匹のナンヨウツバメウオを採取。
大きいナンヨウツバメウオの幼魚は、三浦のナンヨウツバメウオと一緒♪♪♪♪♪♪♪
三浦のナンヨウツバメウオ成魚と房総の幼魚ナンヨウツバメウオ

そして同じく房総採取のもう一匹。
一円玉よりちょっと大きいぐらいのベビーナンヨウツバメウオ
一円玉サイズのナンヨウツバメウオの幼魚

そして!!!ドUP!!!

一円玉サイズのナンヨウツバメウオの幼魚のドアップ

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2013/10/09(Wed)
2013年10月07日
今年二回目のナイト磯遊び。前回よりも濁りと波が強くて広範囲を探せない。
慣れている場所とはいえ、やっぱりコンディションが悪いと、ビビる。呼吸も乱れがちだし、不意にでかいゴンズイやら浅場に出てきてるガンガゼにはビクつく。うねりも大いから、ヒメセミエビを見つけるなんてできる状況下じゃない。
ほんの1時間で諦めようとした時、ライトの明りの境目ぐらいに、ピンク色のヒラヒラって物体が、ときたま視界のあっちに見える。アカマツカサ?かナミマツカサ?か。ってかどっちでもいい。採取してからゆっくりみれば。

ライトの明かりの端にいるから、とにかく追いにくい。手は二本。なのにライト、玉網二本、持ちにくいし追いにくい。
呼吸も乱れ喉が痛い。1時間ぐらいまた粘ってようやく二匹GET。
この写真じゃぁわからないけど、My潮溜まりにはアカマツカサっぽいのと、ナミマツカサであろう魚がいる…と思っていたが…どうもクロオビマツカサがかなり有力。体全体の色だとベニマツカサも…だけどエラブタに赤黒い縁取りがないのがベニらしい…難しい。

ナミマツカサか、アカマツカサ

比較的餌付きやすいので白点病さえ出なければ長期飼育いけるかも。一昨年は白点病に負けたが、ここ一年は、白点病を克服出来ているのでちょっと期待してます。
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/04/11(Wed)
 超ミニチュアなカノコイセエビ(約3.0cm)

見つけた自分にもビビッたけど、こんなミニチュアでもちゃんとイセ伊勢してるとこが超感激^^

カノコイセエビ

カノコイセエビ

きたない画像なのですが・・・
脱皮一回した後なので大きくなってますが・・・ アカモエビとの大きさがあまり変わりません。
アカモエビとカノコイセエビ

そして脱皮を三回している現在
カノコイセエビ
やっぱり写真がへたくそ><


なんてブログ更新していたら・・・!今日、また脱皮をしておりまして・・・また巨大化してます。
4回目の脱皮しております。

最初のカノコイセエビの抜け殻は保存するのを忘れてしまい・・・
二回目三回目の抜け殻は綺麗に保存していたのに・・・先月の引越し時に、うっかり破壊してしまいました><
今回こそは綺麗に保存してやる!

カノコイセエビの抜け殻を並べて写真を撮りたかったのになぁ・・・

ちなみに・・・三回目の抜け殻
カノコイセエビの抜け殻
同じ三回目です。
カノコイセエビの抜け殻

そして今回の抜け殻(四回目)
カノコイセエビの抜け殻
四回目の脱皮で凄く大きくなりましたが・・・それでもまだ長さは爪楊枝と同じくらいです。
カノコイセエビの抜け殻

以上です^^
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2011/09/06(Tue)
今日の時点では、まだ餌付いてはいない。

ツノダシ

だけど体色は良くなった感があるなぁ・・・
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2011/07/25(Mon)
超久々に更新^^;すみません。

先週の水曜日には南伊豆の石廊崎で手長えび用の針で、アミメハギ釣り^^
そしてアミメハギ釣りの外道として、ソラスズメダイが釣れたりして小針釣りを楽しみました。


ささ^^ここからが本題。

7/23の土曜日にまたまた房総のMy漁港に堤防遊び行ってきました。
そこで今回ゲットしたのは、3.0cmほどのイソッピの赤ちゃん1匹
2.5cm程のアオリイカの赤ちゃんを4匹
1.0cm以下のハリセンボンの赤ちゃん1匹初物(しかもこんなに小さいサイズなんてビックリ)
7.0cm程のソウシハギの赤ちゃん3匹初物
0.5mm程のアミメハギの赤ちゃん10匹
0.5mm程のカワハギの赤ちゃん3匹
1.0cmのイシダイの赤ちゃん1匹
未同定の赤ちゃん蟹

※画像をUPしたいけど・・・当ブログの制限を越えてしまった為、UPできずなのです^^;すみません
なので活字だけになります。



全て無事に自宅まで輸送でき、その日の夜にはMy潮溜まりにデビュー

ソウシハギってゆらゆらと枯れ葉みたいに漂う泳ぎ方なんですね^^多分・・・餌付かないと思われる。ただたんなる直感ですが・・・恐らく餌付かないだろぅなぁ・・・

ハリセンボンはMy潮溜まりに投入した瞬間に、アミメハギにつつかれ・・・その後にちゃんとまぁるく膨らんでました。
1.0cmサイズのくせに、いっちょまえにぷくぅ~ってしてました。
超かわいいんだなぁ・・・でも翌日になっても餌付かない><;
このくらいのときって基本・・・すぐに餌付くんだけど・・・既に嗜好があるのかなぁ・・・頼む!痩せて拒食症になる前になんとか餌付いて欲しいものです。

アオリイカの赤ちゃんには、メダカを与えます。
今日、メダカを与えたら・・・速攻捕食してくれました。
夏場の高温で水温が急上昇して30℃を超えてしまう日が必ず訪れるけど・・・
なんとか生き延びて成長して欲しいアオリイカ。

っとMy潮溜まり初物がいっぱいで、にぎやかになりました。

ってな感じの直近状況でした。では^^ノシ


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2011/05/16(Mon)
久々の更新
随分と永く放置してしまい、皆さん!本当に申し訳なかったです。

我が家のMy潮溜まりも今は若干、南色になりつつありますが・・・それでも、しっかりとマニアックな面々でして・・・今回はサギフエです。

このサギフエは、基本的に立泳ぎでして、いつも下を向いて泳いでいます。

サギフエ

口がストロー状になっているので、大きなエサは食べれません。
しかも厄介なのが、生きエサしか興味ないので、ブラインシュリンプを孵してスポイトで与えるしかなく・・・ちょっと面倒です。

ですが、粉末状にした乾燥アミ(サギフエの口サイズに粗めにしてます)を最初に投入して、臭いで興奮してきたところに、ブラインシュリンプを投入!という順序で根気よくエサを与えていたら・・・

やった~うれしいO(≧∇≦)o

細かくした乾燥アミも食べるようになりました。

うれしすぎる。

初めてサギフエに挑戦した時は・・・なかなか餌付かなくて・・・結局、痩せてしまい★に・・・

今回二回目の挑戦で、確実に餌付かせ成功。
これで長期飼育の可能性が高まりました♪♪♪♪♪うれしいO(≧∇≦)o

混泳仲間はベニツケサツキハゼ。

両種は非常に穏やかな魚なので完璧な相性です。

三種入れたいんだけど・・・相性を第一優先にすると・・・
オイラの経験魚種からだと、クダヤガラになるかなぁ・・・

二匹ぐらい欲しいなぁ。モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/24(Thu)
My潮溜まりの面々Part48
【ホンベラ】
体長:3.5cm
採取場所:南淡路の砂浜
期間:2009/08/31~現在
エサ:クリル(細かく砕いたもの)・干しアミを砕いたもの
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:高温29.5℃まで確認済みだが・・・長期は厳しいかも。低温調査中。

ホンベラ(若魚)

ホンベラ(若魚)の頭部

ホンベラ(若魚)

非常に丈夫な魚で、白点病にもかかりにくい種です。
餌付きもよく、他魚への攻撃もしません。
ただ同種間ではやはり縄張り根性が芽生えてしまう様子。

よく泳ぎますが、泳ぎ方はスマートなのでツバメウオのような大人しい魚との混泳も可能です。

夜になると砂中に潜って眠ります。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/24(Thu)
My潮溜まりの面々Part47
【ナンヨウツバメウオ】
体長:6.5cm
体高:13.5cm
採取場所:室戸の漁港
期間:2009/08/31~現在
エサ:干しアミを砕いたもの
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:高温29.5℃まで確認済み。低温は調査中

ナンヨウツバメウオの幼魚 ナンヨウツバメウオの幼魚

餌付きは比較的早く、餌付いた後は、すぐに人馴れして指から直接エサを与えることもできます。
かなりの大食漢であり、エサがあればあるだけ食べてしまいます。
成長スピードも早いらしいので、エサは少なめが良いと思われます。

あと、ナンヨウツバメウオは脱皮をします。
ナンヨウツバメウオの変わった行動
白点病に寄生された翌日には、表皮を一枚脱ぎ捨てています。
その前に白点虫は魚体から離れているのでしょうが・・・それにしても脱皮は面白い習性ですね。
既に4回ほどの脱皮を確認しております。

性格は非常に大人しいので、泳ぎがせわしくない魚種との混泳がよろしいかと思います^^



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/09/24(Thu)
My潮溜まりの面々Part46
【クマノミ】
体長:2.0cm&6.5cm
採取場所:室戸の磯
期間:2009/08/31~現在
エサ:幼魚にはクリル(細かく砕いたもの)・干しアミを砕いたもの。成魚の6.5cmはクリルを食べない為、「ff num07」を与えている。
雌雄:2.0cm不明(性転換可能期だと思う)・6.5cm♂
寿命:年魚ではないので長期飼育可能。20年もの長期飼育している方もいるようです。
適応水温:高温は28℃まで確認、それ以上になるとちょっと厳しいかも・・・低温は調査中

クマノミの幼魚
クマノミの幼魚(2.0cm)

クマノミ幼魚の背中
背鰭と尾鰭に白い淵があるのが特徴的^^です。

クマノミ
成魚(6.5cm)のクマノミ


海水魚の全体に基本共通しているが、やはり幼魚は餌付きが早いですね^^
このクマノミは既に成魚なので、中々、クリルに餌付きません^^;
嗜好があるのようで、口に含んでもすぐに吐き出してしまいます。

そこで
「ff num07」を与えてみたところ、やっと餌付きました。

「ff num07」に餌付くまではブラインシュリンプを食べていましたが「ff num07」に餌付きはじめたら・・・
今度はブラインシュリンプを無視しています。

成魚はちょっと贅沢なクマノミです。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/07/03(Fri)
My潮溜まりの面々Part45
【カゴカキダイ】
体長:0.8~1.0cm
採取場所:房総半島の漁港
期間:2009/05/25~現在
エサ:クリル(細かく砕いたもの)
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:メジナ同様大変に丈夫な魚です。夏場の高温にも耐えますが現在は27℃までは適応していることを確認済み。

カゴカキダイ

カゴカキダイ

好奇心が旺盛な魚カゴカキダイ
1.0cm前後のサイズは仲良く群れてヒラヒラと可愛く泳ぐ^^

だが、1.5cmぐらいから縄張り根性が芽生え・・・2.0cmぐらいまで成長すると他魚(性格の穏やかな魚)を攻撃しはじめる。
My潮溜まりでは、ヒイラギが攻撃されていた。

それもかなり、しつこい!!!ちっちゃくてもこの行為は問題である。

ただでさえデリケートなヒイラギを攻撃するとは・・・この組み合わせはしないことをオススメします。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    8歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います