2012/05/18(Fri)
 針を飲んでしまったハナハゼ。
ちなみに、ハナハゼの弱った固体の見分け方は色で分ります。
生きていても弱ったハナハゼはやたらと体色が鮮やかになり各模様の色のコントラストがハッキリとなってきます。
ハナハゼ

針はずしを失敗したハナハゼは海には戻さず、釣って殺生、食べて往生の教え通りに、まずはお刺身から^^ 
丸くて細長い魚なので、アナゴやウナギと同じく目打ちを使っておろしてみました。

ハナハゼおろし方
ちょっとカメラのアングルが悪いですね><;
さすがに目に直接打ち込んでは無いですよ!!!
目の横になります。

ハナハゼ開いたとこ
アナゴをおろす要領で開きます。

ハナハゼの中骨処理
中骨が処理しやすいように、お尻の穴あたりから逆さ包丁にして尾びれにむかって小骨を切ります。

ハナハゼ下処理
中骨を取り除いた状態です。

ハナハゼお刺身
とりあえず、1匹だけお刺身にしました。

食べた感想は!

・・・
・・・・・・

・・・・・・・・・

なんか独特なニオイがあるような?!?

とりあえず、1匹だからまだ分らないのかも・・・って自分の心に言い聞かせる・・・が・・・

び^^;びみょう~かも・・・なんて自分の気持ちを整理しようとしていたら・・・

次は焼いて食べようと決心していた><;

なんか腑に落ちないが・・・多分・・・お刺身はもう・・いいや・・・

以上、ハナハゼのお刺身でした。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/05/04(Fri)
 オオニベの続きネタです。
ここからは、オオニベのホルモン系です。

オオニベのエラ
エラは真水に15~30分ぐらいつけ込むと、血が抜けます。
これを数回繰り返すと赤いエラも白いエラになります。
白いエラになったら薄めの塩水に浸します。
焼く寸前に取り出して、充分に水気を切ってから焼きます。

オオニベのエラの塩焼き
むぅぅぅぅ・・・見た目がとっても不味そうです(>。<;
ちなみに食べれる場所はエラのケバケバなとこと、写真の白い部分。
でも大型の魚はのどぼとけの歯が大きいので気をつけて下さい。
ってか、だれもこんなとこまで、食べないよなぁ・・・うん、普通に考えても食わん食わん!
大体、ここまでして食う必要性は無し!要はそんだけの味ってことです。

下はオオニベの胃
オオニベの胃
胃袋を切り開いたら、両面を包丁で何回もこそいで、表面のヌメリや臭み、血管を取り除きます。
まな板に綺麗に伸ばしてはりつけたら、軽く塩をふって一夜干しに。

オオニベの胃一夜干し
超弱火で軽く焦げ目がつくくらいに炙ったら、ヒレ酒の肴に最高です!!!これこそ絶品肴!!! 
えづらは悪いですが旨すぎます。

オオニベの煮つけ
オオニベの肝よ卵は一口サイズにカットして、煮つけます^0^y

オオニベの肝と卵の煮つけ
写真が綺麗じゃないですが・・・鍋の色が本当の色です。
肝と卵、甘くて濃い煮汁。カロリー超高いし、プリン体バンザイの一品!
そういえば、俺様って確か・・・尿酸値高かった><;

オオニベの皮湯引き
オオニベの皮です。
お刺身を引くときに、取り除く皮は千切りにしてから湯引きして、そのあと流水で冷やします。
冷めたら万能ネギの刻みとタバスコで和えます。
これは絶品!
おいらの夢はいつか雑魚屋という名の肴屋!
間違いなく雑魚屋のメニューにのせる一品ですね♪

ヒレ酒
そしてヒレ酒。ヒレに焦げ目を軽くつけるのがミソなんでふよ!へへへ!
ちなみにこのヒレはオオニベじゃありません。カッピカピになるまで乾燥させなきゃいかんのでまだ出来ません。
確か・・・うぅ~ん・・・赤むつだったっけ?!ん?!?あれ???イトヨリだったかなぁ???
二年ぐらい前のヒレなんで忘れました><
なんのヒレか忘れましたが、香り良し♪ 薫り好し!

オオニベのお刺身
今回のお刺身は前回の刺身より断然美味しかった^^

ところで・・・
皆さん、気が付きましたかな?
実は・・・
オオニベ、ウロコとニガ玉だけを捨てただけで後は全部調理しました。 


これで一応はオオニベのオスもメスも食べれたので大満足。

以上、長い長いオオニベねたのブログでした。


お付き合いありがとうございました。
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/05/02(Wed)
 朝の5:30に携帯電話に着信。
市場のおっちゃんからの電話に起こされる。

先日、オオニベを買った仲買のおっちゃんからだった。

おっちゃん
「朝早くスンマセンね!今日、セリ場にオオニベがたった1本だけ入ってたんで用意しときました!!!」


?んぬ!?!...確かに入荷したら電話の約束したけれど・・・こっちにも予算が・・・

と思いながら、寝ぼけながら

「大きさは?」と聞くと・・・


おっちゃん
「6.7kgです」

げっ><!
6.7kgなんてでっけぇ~し、食い切れないし・・・
ってか!ついこないだ買ったヒラスズキまだあるし・・・


「6.7kg・・・う~ん・・・キロいくらなの?」 


おっちゃん
「いっや~魚が少ないからねぇ~!今日はちょっと高いだよぉ~!
ってセリ人に言われちゃいましてね!!!」

うわっ><!
超うそヘタくそ・・・
ってか!ここ三日ほど海シケてないからぁ・・・!なんでキロ単価を即答しないんじゃい!?!

おっちゃん
「ちょっと高いもんだからセリ人に負けろって言ったんだけど!100円ぐらい負けろって言ったんだけどねぇ~
キロ1100円なんですよ!セリ人には、いつも900円ぐらいでお客さんには売ってんだから、もう少し負けろ!
って言ったんですけどねぇ」
 


「っえ???キロ1100円なの?」
 

おっちゃん
「ちょっと高いんですけど!オオニベ用意しましたんでお願いします」
  

でたぁ~><!
またまた超うそヘタくそ・・・
ってか!まだ2回だけのお付き合いなのにそんな子供だましのトークはないでしょ!?! 
キロ1100円かぁ・・・でかいし高いよなぁ・・・
それになんで俺の意思関係なく、用意ってさぁ・・・


「う~ん・・・キロ、せんひゃくぇ~~~ん?」 

おっちゃん
 いや~高いんですが、原価の1100円でやりますから」 

でたぁ~><! 
こうまでもうそヘタくそだなんて!
ったく、しょうがないなぁ・・・今回はお付き合いしとくかぁ・・・
貸しつくってといて、いずれガッツリ負けてもらうかなぁ・・・

「ぅぅ~ん。わかりました。そんじゃぁ後ほどに」  
金欠なのになぜ!
理由は、なんの得にもならない見栄っぱりな性格が仇だぁ・・・

市場行ったら、お魚わんさか色々入荷してんじゃん!
くそぉ・・・! 
結局、キロ1000円で伝票はついていましたが、税別だし、余計な出費には変わらない。
もう見栄はるのは辞めよう。
うん!辞めよう!!!


っと言うことで、今日もオオニベをおろす事に!
そして産地は前回同様、和歌山串本港水揚げでした。
オオニベ6.7kg
6.7kgかぁ・・・流しが大昔の家のように外にあるならなんの苦もなくさばけるのだが・・・
いまどきの流しじゃ、いかんせん色々と気を使うから、時間がやたらとかかる!

オオニベの体高
体高20.0cmかぁ・・・

オオニベの長さ
80.0cm超えてる。
ってかこれが余裕でのるまな板を所有していることも凄い!
このまな板は、ハタンポ記事のブログがきっかけで知り合った、大阪のガッチョさんがくださった
超大切なまな板。

ガッチョさん!本当に重宝しており、 もう怖いものなしです。 ありがとうございました。

オオニベ姿
大型の魚はウロコひくのが一番やっかい!
あっちこっちに飛ぶ!
なのでウロコの飛散防止にビニール袋に入れたままでウロコ引きをするのがオススメ!

ウロコ引きが終わったら、お次はエラの接続部に包丁を入れます。
オオニベのエラ
あご先のエラの付け根を先に切り・・・

オオニベのエラ2
アゴの下も軽く切ります。
オオニベのエラ処理

オオニベのエラ上部
そしてエラの上部を切り離します。

オオニベのおなか
肛門からノドまで切り開きます。

オオニベのエラと内臓を一緒に取る
エラを手前に引くとエラと内臓がくっついたまま一気に取り除けます。
注意!エラの包丁をいれる部分は難しいので分りにくいと思います。
説明が難しいですが・・・しいて言うなら、エラの膜がカマにつながっているので、その膜を切る。
決して包丁を必要以上に中には入れない。入れすぎるとエラと内臓が引きちぎれちゃいます。

ニガダマ(苦玉)
そしてこいつが、通称ニガ玉(にがだま)
胆のうですね。
魚の種類によっては黄色もありますが、大抵が緑色。
こいつを潰すと胆じるが流れでて、他の身に付くと苦くなってしまうので注意して下さいね。
決して潰さずに袋状のまま取り除いてください。

オオニベの頭カット
今回の頭は固かったぁ><
オオニベの内臓一式
上⇒卵巣
右上⇒粘膜
右⇒肝臓
右下⇒胃袋
左下⇒エラと心臓と、あと一つはわかりません^^;
真ん中の白いの⇒腸
左の白い奴⇒浮き袋

エラと胃袋は塩焼き、他は今回煮物にしよっと。

オオニベ二枚おろし
今回も二枚おろし。

オオニベの中落ち
オオニベの中落ち!超うんま^^

お刺身のさく
肉厚だし、サクが長いから変なカットで四つにしました。

オオニベの切身
オオニベの切身は、大小さまざまにしました。
これでなんとか冷凍庫に収まるハズ^^;

まだ続きとして調理の画像UPがあるのですが・・・今日は入力疲れもしてきたので、後日。

ではまた^^ノシ
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2012/04/08(Sun)
活けのシマエビを市場で仕入れてきました。
これは、My潮溜まりじゃなくて、晩餐用。

正直、活けのエビはブリブリなだけで、全然美味くもなく甘くもないんだけど・・・ついつい物珍しさに買ってしまいました。

活シマエビ
石川県産の活シマエビです。

一匹×150円 約12~13.0cmサイズです。

海水魚やってる人にはわかると思うんだけど・・・
なんかアカシマモエビ(ペパーミントシュリンプ)のでっかいやつみたいじゃないですかぁ^^

食べた感想は・・・

ズバリ!
このてのエビの活けは旨くない!ボタンエビにしかり、アマエビも同じ。
まっ、イセエビもどっちかっ!っつーとこっちよりだね^^;

しっかし水槽で飼育してみたいもんです。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/08(Tue)
熊本県産の芝エビ&福島県産のヒイカの鮮度と魅力に今日は負けました・・・

今日こそは絶対に何も買わずに、早く寝ようと決めていたのに・・・よりによって二種類も・・・

あ~・・・なんてこった・・・眠いのに・・・

頑張ってつくりましたよ芝エビのお刺身。ま!ただ殻をむくだけですが^^;
ヒイカも簡単に指で皮がむけますけど・・・なんせどちらも小さいから台所で背中丸めて・・・指先でちまちま・・・と・・・

ちょいとしんどかったなぁ・・・

芝エビのお刺身

芝エビのお刺身ってかなり珍しいでしょ^^知ってる方は少ないのではないかなぁ・・・
甘エビまでの濃い甘さはないけれど、甘エビみたいな感じです。

そしてもう一品^^;

ボイル芝エビ

薄い塩水でサッと茹ればOKのボイル芝エビ(芝エビはあまり赤くはなりません)
やたらと長いヒゲと、角先と尻尾の先の尖った部分を除けば全て丸かじり出来ます。
頭は甘エビよりも美味しいと思います。(ボイル甘エビと比べた場合^^)

そんでもってヒイカ^^

ヒイカのお刺身

ヒイカは皮むきは簡単だし、柔らかいし、ほんのりと甘みがあるから上品ですよ♪♪♪

美味しかったけど・・・食が満たされた瞬間に一気に眠気が押し寄せてきました・・・

お休みなさいm(_)m

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/06(Sun)
今日は毛蟹(活毛ガニ)^^

いっや~・・・入荷された魚が素晴らしいと・・・やっぱり我慢できないオイラ^^;

連日、何かしら買ってしまう。

だってあんまりにも良い物があると・・・「人に売るなら自分が食ってしまえ!」ってな悪魔の囁きが聞こえてきて・・・
その囁きに従ってしまう自分です。

なんと6杯で5キロサイズと大きい毛蟹(活毛ガニ)なんです。一杯が800g以上の大きさなんですよ^^

いっや~実に良い^^カニ類はその昔、築地でちょいと担当してたもので、そりゃ悪魔の囁きが聞こえてしまうわけですよ^^;
そんでもって役得価格ですから♪
さすがに今回の役得価格はカキコできません^^ただ、言えるとしたら・・・ネット等でよく出回っている400gサイズの価格より・・・
ってな感じです。極上物なんです^^



800g以上の活けの毛ガニ
大きさ比較で350ml缶を側に置いてみました。
っつ~か下の白い板はまな板」ですよ^^

30分程蒸して、1時間ほど放置してイザ解体!
1時間放置してもまだ熱い><;

蒸した毛ガニ

蒸した毛ガニ

もう食い気が先走り・・・盛り付けなんかそっちのけになってしまって、慌ててパシャリ^^;

甲羅の中にはカニ味噌がたっぷりだったのですが・・・撮り忘れました。

オイラと彼女で食べても流石に足がちょいと残ります。800g以上のサイズはやはり食べ応え十二分です。

連日、帰宅してからの調理なので日々、睡眠時間が削られています><


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/03(Thu)
最近、ますますブログの更新が遅れ気味になりつつあり・・・
そして更新内容が、ブログタイトルからは程遠い内容になってきてるなぁ・・・ま!いっか^^;

今回はナメタガレイの煮付けです。

ナメタガレイの煮魚

冬場が特に美味しくなるナメタガレイは、卵を持ったメスが本当に美味しい魚です。
とにかく肉厚のメスは、うなるほどの旨さに感激します。

でも・・・

そもそもが高い魚だけに・・・

なかなか売れないのが悲しいお魚です。

このナメタガレイは本当に@=旨さなんだけどなぁ・・・

身質そして卵と本当に最高、特にエンガワ部分の口溶け感は素晴らしく最高に至福なひとときを味わえます。

今度はナメタガレイのお刺身を是非食べたいものです^^



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/11/24(Tue)
オオニベからの続き^^

変わり〆とは!

柿酢〆のニベ

柿酢で〆てみました。
インスピレーションまっしぐらの〆物です。
これがまた大正解で、柿の甘さとニベの淡白な味が絶妙なコンビネーションで、大変に満足のいく結果でした^^
この柿酢〆は他の魚でも色々と試す価値がありました^^♪

柿酢

熟した柿を酢の中へ溶かしただけのものですが、柿を4個も使っています。

そして純粋なお造りも♪

ニベのお造り

淡白な味ですが、オオニベって魚はもしかしたら大きければ大きい程に美味しい魚なのかもしれません。
クセは全くない魚です。

ニベのお刺身
こちらはオオニベの昆布〆!写真だけでは分かりにくいですね^^;
オオニベの食べ方の中で、昆布〆が彼女の中でNo1だったようです。

そしてせっかくなので塩焼きにもしてみました。

ニベの塩焼き

オイラは、この塩焼きが一番ニベの味がしっかりと味わえると感じました。
塩焼きは本当に旨い!
特に兜の塩焼きは、天然の鯛に負けない美味しさに、うなりました♪♪♪


オオニベは最高でした^^ノシ



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/11/21(Sat)
皆さん!アナゴって実はお刺身でも食べられるって知っていますか?

活けのアナゴならお刺身にできるんです!血に毒がありますので、必ず身に付いた血は綺麗に洗う必要がありますが、お刺身でも食べられるんですよ^^

そんなことで、本日は活けアナゴを16本も購入。

そしてお店で開いてくればいいものを、わざわざ、自宅に帰宅してからアナゴをさばく。

どんだけ睡眠時間を削っているのでしょうか!!!本当に物好きなオイラkです。

物好きな自分
帰宅してすぐにアナゴ開きの準備にかかるオイラ

アナゴと目打ち
アナゴを開くにはやぱり目打ちは絶対に必要ですんね。

アナゴの開き方
ヒレの手前から包丁を入れます。

アナゴの開き方

アナゴの開き方
このように、血を流さないように開くのがベストです。
このように開ければ、洗う肯定が一つ減らせます^^


※画像UP数制限により、アナゴのお刺身(アナゴの開き方)その2へ続く

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/11/14(Sat)
せっかくなのでウミタナゴをお刺身で食してみまし^^

ウミタナゴのお刺身

ちょっと型が小さいこともあり・・・皮をひくのがかなり面倒になってしまったので・・・

ウミタナゴの松皮造り

思い切って残り全部を松皮造りにしちゃいました^^;

ウミタナゴの松皮造りとトウゴロウイワシのお刺身

ちょいと熱湯を長くかけてしまったため・・・
松皮造りは微妙な食感となり、美味さが半減してしまった感がありました。
う~ん非常に残念。

普通のお刺身も野〆の子に当たってしまったために、身の色が赤くなっています。

ウミタナゴはやっぱり活〆をすぐにお刺身にするのがベストな魚かもしれません。

今回のウミタナゴのお刺身の評価は・・・

不味くもないが・・・美味いとも言えない微妙感がありました。

ま!純粋なお刺身は身が赤くなっていたのと、松皮造りは失敗だったっつ~こともあって、微妙な感があったものだと信じたい。

でもなぁ・・・

本当に美味しい魚だと野〆だろ~が松皮造りの多少の失敗でも、美味しいものは美味しく感じるものだもんなぁ・・・
そうやって考えると・・・

ってな感じでした。


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    9歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います