2009/12/26(Sat)
自家製カラスミの作り方(本格編)その3

あらら^^;なんだかんだで画像UP制限からその3まで引っ張ることになってしまいました。

二回目の強塩も・・・

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/12/26(Sat)
自家製カラスミの作り方(本格編)その2

強塩したボラの卵は、1週間が経過するころには・・・

強塩して1週間後のボラの卵
こんなに、水が上がってきます。

強塩して1週間後のボラの卵
6.0kg分の塩はボラの卵から出てきた水分でびしょびしょになっています。

強塩して1週間後のボラの卵
卵の油分も染み出ているので、黄色い水になっています。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/06/05(Fri)
ここ最近の気温上昇から、スジエビモドキが抱卵しました。

My潮溜まりには、二種類のエビがいる。

イソスジエビとスジエビモドキ。

抱卵したのはスジエビモドキだけなのは何故なんだろう・・・

イソスジエビの個体数が少ないことから、ただ単純に雌雄がそろってないのかも・・・

スジエビモドキ抱卵

スジエビモドキの♀と卵

計3匹のスジエビモドキが抱卵しています^^

イソバナとスジエビモドキのメス

このスジエビモドキの♀は、ピンクのイソバナがお気に入りの様子。
いっつもここに陣取っています。

孵化の瞬間を、しっかりと見たいものです^^



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/05/06(Wed)
結局、卵はしぼんでしまった。

昨日と比べると・・・
非常に惨めな姿になってしまっている。

ど~やら我が家の水槽lでは卵に対しての環境は整っていないことになる。

昨日の姿

ドデカイ卵

そして今日の姿

しぼんだ卵

なんと無残な姿><

今回の卵もまた消滅していくようです。

あ~ぁ・・・(。>0<。)残念

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/05/05(Tue)
今度の卵はでかい!!!

海水の総交換をする予定の水槽のド真ん中のライブロックに!

なんと!ドデカイゼラチン卵が!!!

w(゜o゜)w オオー!

ドデカイ卵

゜ ゜~~~~~~~~(□* ) なんじゃコリャ~?
目ん玉でちゃう^^;

今までの卵の50倍ぐらいある!

直径7.0cmぐらいある!

ドデカイ卵

これまたエライことデカイけど・・・一体どやつが生んだの?

っつ~かこの水槽にはカエルウオ2匹以外には魚はいない。

他にいるのはアカナマコが2匹とマキガイのクボガイとシッタカぐらい。

冷静に分析してみよう・・・

マキガイもゼラチン質系の卵らしいが・・・大体、自分の固体と同じくらいの大きさの卵・・・だし
カエルウオの卵がこんなゼラチン質に包まれたものとは考えにくいし・・・
シッタカはでかいkぇど。でもこの卵がシッタカの10倍以上はあるし・・・
・・・
・・・・・・
・・・・・・・・・
と・なると・・・
卵のドデカサでいくとアカナマコしか考えられない。

ゼラチン質の中の粒々は、ほんのりピンク色!

アカナマコの体内にあるあの卵巣とは全く違う姿、形だが・・・どうなんどろう・・・

確かに、水温が20℃以上で5月ごろには産卵するのがナマコだが・・・

実際の卵がどのようななものなのかを知らない。

ドデカい卵

確実にいえるのは、青い丸い魚が生んだものではない^^;

ドデカイ卵

ほんと、細かい粒々がピンクなんですよね~。

誰か~~~~ご教授してもらえませんかぁ~?

にしても毎回毎回、何故俺はだれかの産卵を見れないのだろう・・・

非常に歯がゆい。

この卵もいずれ溶けちゃうのかなぁ・・・

今度は大事に育って欲しいでふ^^

とにかくこの卵が何なのか?誰か情報も求む^^

よろしくノシ


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/05/01(Fri)
なんと!本日もまた水槽の中に卵を発見。

しかもオレンジの卵。

ゼラチン質に包まれて、そしてその中にはショッキングオレンジの粒粒がある。

その卵の親は!!!

オレンジ色したウミウシです^^

ホウズキフシエラガイ

そうなんです。

このホウズキフシエラガイが産卵したのです。

すっごい分かりやすい卵です。

ホウズキフシエラガイの卵

別のアングルです。

ホウズキフシエラガイの卵

一応、渦巻き型に産卵をするようです。

親と同じ色の卵なんだ^^これはオドロキました。

ホウズキフシエラガイは三浦半島の磯で採取したものです。

最近はめっきり磯遊び日和なので、磯遊びのときには探してみて下さいね。

このオレンジの卵は、ホウズキフシエラガイのものですよ~。

恐らく、今が産卵の時期だと思います。

今度は、房総半島でも探してもみよっと。




モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/04/19(Sun)
また水槽の中に卵が^^

なんの卵か不明

ライブロックに産み付けれた、透明のゼラチン質の球体。

なんだ???

そしてその球体の中に緑色の無数の卵。

なんだろこれ???

多分、貝の卵だと思うのだが・・・

でもどの貝なんだ?

このライブロックにくっついている貝といったら、
アマオブネが二個ぐらい。

もしかして、このアマオブネの卵なのかな???

ネットで調べてみたが、収穫は一切なし。

だが、巻貝類はど~やら透明な膜に包まれた卵を生むらしい。

なので多分、これはアマオブネの卵だと思う。

多分ネタになってしまったが、他にらしき対象者がいないこともあり
そうなるしかない。

でもなんともこの時期の水槽って面白い。

実際の海の中も、産卵ラッシュで面白いが、自分で作り上げた
潮溜まりの環境で産卵が行なわれていることに感動しちゃう^^

成長が楽しみです。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/04/18(Sat)
やった~~~^^

何かが、ガラス面に産卵をしたらしい。

この渦巻き状に産み付けられた卵は・・・

そうです。最近Getしたウミウシがど~やら産卵したのです。ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪

でも一体、どの子だ???
この水槽には、アオウミウシ・ホウズキフシエラガイ・クロシタナシウミウシがいるが、
う~む・・・もしかしたらクロシタナシウミウシかな・・・反対のガラス面にくっついていたし・・・
これは観察しがいがある。

ただ心配なのは、孵化しても食べられちゃうのと、ポンプに吸い込まれてフィルターに行っちゃうだろ~なぁ~。

とにかく見守ろう。。。

多分ウミウシの卵

水槽の中で卵を生んでくれると凄く嬉しい。環境が良い証拠ですもんね^^

必ずしもそうとは言い切れないが、少なくと環境も関係あるからね^^

何が生まれるのかなぁ~ワクワク♪o(^o^o)(o^o^)oワクワク♪


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    9歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
    1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います