2012/04/11(Wed)
 いまさらですが、2011年の夏に磯遊びや潮溜まりで採取した魚やエビ、カニ等を棚卸し紹介。
画像の取り込みがめんどくさくて、放置していたもので溜まってしまった><

まずは・・・
アマモにいたコシマガリエビ
コシマガリエビ(アマモ場産なので緑です)
アマモ場にいた個体なので 緑色がとても綺麗 です。大きくても2.0cmぐらいでとても細いエビです。 
ホンダワラ(海藻)が群生している場所のコシマガリエビ茶褐色でした。


岩礁隣のテトラ場で真っ赤なカニを発見!
アカマンジュウガニ
アカマンジュウガは、なんと目まで赤いんです。多分、個体差なんでしょうけどね。
すんごくつるつるしています。写真では判りにくいのですが、もっともっと真っ赤です。
ウメボシイソギンチャクの色とほぼ一緒の色です。
岩にしがみつく力はハンパじゃありません。
引き離しちゃえば、こっちのもん。死んだフリして固まってしまいます。
アカマンジュウガニも初物でした。
ってか・・・一匹だけでした。


ちょい深めの岩礁域ではキントキダイ
ちゃんと同定していないけど・・・多分、キントキダイでもゴマヒレキントキダイだと思う。
ゴマヒレキントキダイ
かくかく諸説によれば、伊豆半島以南らしい・・・
だが僕のMyフィールドは房総なので、死滅回遊魚になるのかなぁ・・・
とりあえず、 ゴマヒレキントキダイ かどうか確認中。
もしゴマヒレキントキならばリリースしなきゃよかったなぁ・・・ってなるだろう・・・


こちらもまだ未同定のヒメジ系の魚。
オジサンではなさそうな色と模様。よってヒメジ系なのだろうーが・・・
どうも尾びれに模様が無いのでなんともわからない。
ヒメジ系の幼魚
まぁ、幼魚だからなぁ・・・こちらも同定依頼中 


そしてウミスズメの成魚
ウミスズメの成魚
一度は食べてみたいのですが・・・食べるにはちょいとサイズが小さいし・・・
My潮溜まりにはかなりデカイのでリリース。
こちらも初物です。図鑑で見ていただけだったので、大興奮。
大体、初物Getした後って、また違う初物が登場して、結局、二兎追う者は一兎もえずパターンなので
この時はクロハコフグの幼魚(2.0cm)ぐらいが目の前の岩棚からちらほら顔出していた。
波にもまれながらだったので、クロハコフグの幼魚を刺激しないように一度、 ウミスズメ だけ水揚げした。
そしてクロハコフグの幼魚初Getに燃えていたが・・・
さっきの岩棚にはいない。さんざん辺りを捜すも・・・結局みつからず・・・
岩棚にぶつかる上げ潮の波に散々もまれて海水飲んで無念。
くしょ~><悔しかったなぁ・・・
だってGetしたらクロハコフグの幼魚が房総にも!!!ってなるからぁ。思い出しただけでも・・・ぐやじぃ~


でもそんな僕の前にひょっこり現れたのが、なんとも可愛いハコフグの赤ちゃん^^
1.5cmぐらいです。
ハコフグの赤ちゃん
ここまで小さいサイズは初めてですね。


そして映画のニモでも出てきたギル
ツノダシです。
ツノダシ
どうですかこの輝き^^
わびさび系の魚が大好きとかいいながら・・・自分で採取すると大好きになっちまいました。
子供の頃、岸壁からハタタテは見たことがあったけど、ツノダシ今回初めて!
そして採取に成功。嬉しすぎ^^♪ ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪  ^^♪ 


水深3.0mぐらいのアマモ場で、黒と黄色の縦じまがぐにょぐにょ砂煙をあげている。
最初はゴンズイ?!?
よくよく見れば・・・!!!コロダイの幼魚だぁ!
コロダイ幼魚
My潮溜まりにデビューさせても穏やかそうなのでキープしました。
単体行動らしく、それでも結構いて10匹ぐらいをあっちこっちで見かけた。


ゴロタ場ではクロホシイシモチの幼魚(多分クロホシイシモチ)
クロホシイシモチ
ほんのりピンクで透き通っているので優しい感じが好きです。


浅場のホンダワラ群生でたまたま網に入ってきてラッキーだったのが・・・
タツノオトシゴ
タツノオトシゴ
タツノオトシゴですよ!凄くないですか!まぐれなんです。
突然ふいに頭をよぎったのが・・・
もしかしたら、この辺玉網かけたら、タツノオトシゴなんかいたりして♪
なんて笑いながら彼女を引き止めてみたら・・・ウッキャァ♪! ♪!  ♪!  ♪!  ♪!  ♪! 
マジで入った!タツノオトシゴがマジで入った!!!超すげぇ~!!!
そして次の行動は・・・
二匹目とか欲かくも・・・アホ丸出しでした^^;


そしてその夜、大潮ナイトで玉網に入ってきたのは・・・
僕にとっては幻の魚!スイ
スイ
このスイって魚もまた初物。
それにしても魚種豊富。
スマートな体系にほれぼれしちゃう。なんか凄く魅かれるこの容姿。ウットリ見つめちゃいました。


ナイトの二種類目は・・・
ナミマツカサの幼魚
ナミマツカサ
凄いですねぇ~本当に。
お目目が大きいのでハタンポと同じく夜行性なんですね。
アカマツカサナミマツカサ判らず、WEB魚図鑑で同定してもらいました。


ナイトだと、エビの目が光るので見つけやすい。
なにエビなのか、採取してからの楽しみ♪
そしてサラサエビヤイトサラサエビ
サラサエビとヤイトサラサエビ
画像左上と中央がヤイトサラサエビ
左下の小さいのがサラサエビ
ヤイトサラサエビのほうが捕まえやすいですね。
サラサエビは警戒心が強くて隙間の奥に潜んでます。
そう簡単には捕まえられない サラサエビとヤイトサラサエビ ですが、追い出し棒が効果を発揮します。




一昨年、室戸岬で初だったトゲアシガニ
なんと房総のMyフィールドにも トゲアシガニがいた。
というか・・・いる場所を発見した。 Myフィールド のほんのごく一部のポイントに!
トゲアシガニ
トゲアシガニは一番苦労する。
素早すぎるし、本当に狭い場所だし・・・危機察知能力がハンパない!
イソッピのようにはいかないから、長時間になるしまかれちゃうし、 小さい奴はすぐつぶれちゃうし・・・ 
あっちもこっちも引っ掛かって、 ストレスから血圧急上昇する感が凄くわかる。
結局このトゲアシガニも足1本とれてしまった><




あと昼間にさくっと捕れたホンソメワケベラの幼魚約1.5cmです。
超小さくて細いので、まぐれです。
二匹目に挑戦するも・・・
全くお話にならないくらいに、ホンソメワケベラの幼魚は網目をすいすい抜けていきました。
青い線の魚がホンソメワケベラの幼魚
あ!上の画像で、
ホンソメワケベラの幼魚は黒い体に青い線の入った魚になります。
赤・緑・青と綺麗です。ピンボケさえしてなきゃね^^;



同じ日に同じMyフィールドで登場した面々でした。
堤防辺も後日にUPします。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2011/07/25(Mon)
超久々に更新^^;すみません。

先週の水曜日には南伊豆の石廊崎で手長えび用の針で、アミメハギ釣り^^
そしてアミメハギ釣りの外道として、ソラスズメダイが釣れたりして小針釣りを楽しみました。


ささ^^ここからが本題。

7/23の土曜日にまたまた房総のMy漁港に堤防遊び行ってきました。
そこで今回ゲットしたのは、3.0cmほどのイソッピの赤ちゃん1匹
2.5cm程のアオリイカの赤ちゃんを4匹
1.0cm以下のハリセンボンの赤ちゃん1匹初物(しかもこんなに小さいサイズなんてビックリ)
7.0cm程のソウシハギの赤ちゃん3匹初物
0.5mm程のアミメハギの赤ちゃん10匹
0.5mm程のカワハギの赤ちゃん3匹
1.0cmのイシダイの赤ちゃん1匹
未同定の赤ちゃん蟹

※画像をUPしたいけど・・・当ブログの制限を越えてしまった為、UPできずなのです^^;すみません
なので活字だけになります。



全て無事に自宅まで輸送でき、その日の夜にはMy潮溜まりにデビュー

ソウシハギってゆらゆらと枯れ葉みたいに漂う泳ぎ方なんですね^^多分・・・餌付かないと思われる。ただたんなる直感ですが・・・恐らく餌付かないだろぅなぁ・・・

ハリセンボンはMy潮溜まりに投入した瞬間に、アミメハギにつつかれ・・・その後にちゃんとまぁるく膨らんでました。
1.0cmサイズのくせに、いっちょまえにぷくぅ~ってしてました。
超かわいいんだなぁ・・・でも翌日になっても餌付かない><;
このくらいのときって基本・・・すぐに餌付くんだけど・・・既に嗜好があるのかなぁ・・・頼む!痩せて拒食症になる前になんとか餌付いて欲しいものです。

アオリイカの赤ちゃんには、メダカを与えます。
今日、メダカを与えたら・・・速攻捕食してくれました。
夏場の高温で水温が急上昇して30℃を超えてしまう日が必ず訪れるけど・・・
なんとか生き延びて成長して欲しいアオリイカ。

っとMy潮溜まり初物がいっぱいで、にぎやかになりました。

ってな感じの直近状況でした。では^^ノシ


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/08/10(Mon)
房総五目その1からの続きです

8.0cmサイズのウミタナゴ
このサイズが釣れるのは、やはりテナガ針の強みですね。

ウミタナゴ

サビキに何も反応が無くなったのでヘチに放置しておいたサビキ喰らいついてきたのはアイゴ

アイゴ
アイゴの臭いってど~も苦手です^^;

そして今回、何よりも嬉しかったのこのメッキ^^
これもウキ釣り
最初はシマアジの幼魚と思っていたのですが・・・それにしても顔付きが若干違っていたので気になっていて、
WEB魚図鑑で同定してもらった結果、カスミアジの幼魚と判明^^

カスミアジの幼魚
カスミアジの幼魚(8.0cm)

カスミアジは初物なので、超嬉しい(*^0゜)v ィエーイ☆彡

今回はマルッポもサバッ子も港に入っていなかったようで、竿が唸ることはありませんでしたが
そこそこ満足いく釣りでした^^
布良漁港は外れることがなく、オイラには最高の漁港です^^







モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/08/10(Mon)
房総半島の漁港でサビキとウキで五目を楽しんできました^^

コマセに寄ってきたチンチン(房総ではイシダイの子をチンチンと呼びます)を狙い打ち^^

テナガ針の2号を使用したウキ釣りで、エサはアミコマセを針に掛けました。
テナガ針だからアミコマセをエサに使用できるんですよね^^
それと針の形状から早合わせが可能なとこが、更にGoodです。

イシダイの幼魚
イシダイの幼魚(チンチン)

そしてカンパチの幼魚(汐っ子)はサビキにHIT^^
サビキは5号針のピンク
マルッポ(マルソウダ)がHITしても切られないように今回は5号を用意

カンパチの幼魚
ちなみにこれは彼女が釣り上げました^^;35cm

汐っ子はイワシがサビキにHITして暴れていると、興奮してくるらしく、
イワシの動きでいつもと違うサビキの動きが入り、それを追ってくるのですが・・・中々食わない^^;
いいなぁ・・・きっと引きは楽しかったろ~なぁ~・・・オイラは結局釣れずでした。

へちでは、カゴカキダイが群れていました。
こちらもウキ釣り

カゴカキダイ
ピンボケですんません><

画像UP数の制限により、その2に続く
モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/08/09(Sun)
釣りと磯遊びを兼ねて、またまた房総半島に行ってきました。

まだ正直、死滅回遊魚の姿が少ないようです^^;

チョウチョウウオの稚魚
チョウチョウウオの稚魚!サイズは1.5cmです。
幼魚のうちは、綺麗なメタリックオレンジをしています^^

同定不明の稚魚
こちらはやたらと綺麗に光るホワイトシルバー色の稚魚(1.5cm程で幅は3.0mm程)
頭デッカチで頭部が平らなのでおそらくボラ系の稚魚だと思いますが・・・勉強不足から同定ができません。

オヤビッチャの稚魚
オヤビッチャの稚魚(1.5cm)のはず・・・
自分ではオヤビッチャの稚魚と判断しているが・・・でもシチセンスズメダイかもしれない。

イソスズメダイの稚魚
イソスズメダイの稚魚(1.0cm)

シマスズメダイの稚魚
シマスズメダイの稚魚(1.0cm)

今回、採取した稚魚はひとまず衣装ケースで過ごしてもらっています。

白点病が蔓延しているMy潮溜まりは一旦完全メンテをおこない、その後にデビューをさせる方向です。

モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/07/02(Thu)
とにかく広い磯で気持ちがいい場所^^

ちょっと遠いけど、オイラの一番お気に入りの磯です^^

洲の崎の磯

洲の崎の磯

洲の崎の磯

ここは自然の芝生もあって大島も見えて、のびのびできます。



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/06/25(Thu)
房総半島の漁港で夜釣り^^

何年ぶりだろう・・・漁港での夜釣り^^恐らく10年以上だと思う・・・^^;

しかも今回は故郷だぁ~^^

外灯が当たる岸壁に陣を取り、長期戦を覚悟してブッ込みとサビキ仕掛けとウキ釣りも^^垂らす。

岸壁を懐中電気で照らすとイシガニがいる。
後で暇になったら、イシガニを捕まえようと思い様子だけ見て釣り場に戻る。

最初に魚信があったのは、サビキ^^
そして案の状、キンギョとご対面・・・しかも連ちゃん^^

今回の本命はジンタなんだが・・・周りもキンギョばっかでジンタはいない様子。

気づけば、釣り人は俺と彼女の二人だけ。

まっ!長期戦だからいいんだけどねo^~^o

水面にはキンギョがいっぱい。

そしてたまに何かが横走る!キンギョの倍ぐらいかな・・・なんだろう・・・・

!!!と!その時!!!彼女のサビキにキンギョよりも数倍強い引きが!!!

釣れたのは、全く知らない魚が!!!



なんじゃ?こりゃ???

ハタンポ

オイラのおつむの中にある魚類データと認証させるも・・・一致するデータはありません!

似た物として、シマガツオ(エチオピア)ぐらいしか出てこない・・・

まさかシマガツオの稚魚?んなわけねぇ~よなぁ・・・だってシマガツオって深海魚だし・・・
それに色も違うし・・・でも深海魚と同じように、体の割りには目がでかいし・・・やっぱシマガツオ系なんかな・・・
とりあえずビクに入れて活け込む。

彼女は引きが面白かったようで、必死にコイツを狙うが・・・思うようにサビキを食べない。
ど~やらプランクトンを食べている様子。

っとそこに地元のオッチャンが登場して、魚の名前を伺うと、「ハタンポ」とのこと。知らなかった^^;

そしてオイラにもようやく一匹が登場。ウキには反応が無いので上げようとしたら・・・ブルル!

ムツの幼魚^^

クロムツ幼魚

そして今度はウキが気持ちよく海中に沈む!!!
そしてそこそこの引きの後に顔を出したのは・・・手のひらサイズのクロメジナが釣れた。

このサイズだと、のべ竿でかなり楽しめるのでオススメですね^^

ウキはヘラウキ^^
なんかこの細いウキが「スパっ」って沈むと、テンション上がりまくりで・・・やっぱ最高です^^

外灯の下だから、ヘラウキがちゃんと見えて楽しい^^

っと思うと、ウキが食い上げで横になって上げてみると・・・3.0cm以下の稚メバル。

更には、クロアナゴの40.0cmぐらいも岸壁スレスレで釣れてきた^^
正直・・・マアナゴが釣れたらいいのになぁ・・・

これで五目になった^^;
キンギョ・ハタンポ・ムツ・メジナ・メバルにクロアナゴ

調度、潮目も良くなったのかクロメジナの食い気がたって、落とせば食う^^という良い頃合に・・・

雨がパラっと・・・

そして外道の王様のゴンズイ!!!

クッソこうなったら・・・と思い・・・ゴンズイ塊を玉網ですくってやった^^
たいがいの人はゴンズイは捨てますが・・・実は味噌汁や蒲焼は旨いんですよ。
だから10匹ほどオカズ用に^^Get

雨の中、粘りに粘ったが・・・雨足は早く・・・20匹ほどのクロメジナを釣った時点で車中に非難。

でも結局、雨はやまずに酷くなる一方で、朝5時半には帰宅を決断し、東京へ戻ることにしました。

結局、ブッ込みではなんにも反応なし。
寂しい限りですが、手のひらサイズのクロメジナを15匹なので良しかな。
そしてメジナは季節的には臭みを持つ頃合だが・・・そんなん食ってみなきゃ分からんからお持ち帰り^^

と、こんな感じの釣行でしたが、やっぱり漁港での夜釣り^^しかも五目は楽しかったです^^ノシ





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/06/24(Wed)
房総にはこんな素敵な場所がある。

漁港釣りも磯遊びも両方したい、欲張りなオイラにゃ、ほんと最高^^

房総の漁港

房総の漁港

漁港の隣はちょっとした岩場
漁港の裏側の磯

漁港の裏

この日、この港の先端で1.0mぐらいのウツボを釣っていた^^

ウツボは房総ならではの外道ですよね^^

岸壁周りには、My潮溜まりに調度良いサイズのベラやキュウセンがいたが・・・
つかまんねんだよなぁ・・・漁港内って・・・^^;トホホ・・・

でも今回は、ここの漁港はスル~して更に先に行ってきました。

以上、漁港釣りと磯遊びが一緒にできる場所^^の画像だけの紹介でした^^ノシ



モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/04/16(Thu)
今日気が付いたのだが・・・

一番古株のギンポ。
純粋なギンポが居ない・・・

たっ確かに昨日まで元気に居たハズなのに・・・
あなただけが良いSHOTを撮らしてくれず、苦労したぶん可愛くてしかたなかったのに。
それと純粋なギンポって中々見つからないし、なして消えた><

嘘がろ・・・オイ<(゜ロ゜;)>ノォオオオオオ!!



ギンポ3-1

ギンポ3-2

ギンポ3-4

口が小さく、クリルが中々食べれられない。
他の魚がクリルに興奮して食らいついていると興味を示すが、
ギンポの口にあうように、細かく砕くと興味を示さない。

なので結局はいつもブラインシュリンプになってします。

でもブラインシュリンプを美味しそうに食べる姿はとても可愛い。
立ち泳ぎで、一生懸命にブラインシュリンプを食べていたのに。。。
もっともっと大きくさせるハズだったのに。。。

なのに何故・・・(/TДT)/あうぅ・・・・

一体何があったのかまったく不明。

他の魚に食われたのかなぁ~。。。でもアヤアナハゼとハオコゼぐらいしか。。。
この2種が襲うとは思えない。なんだろ~なぁ・・・

・・・

(;-_-) =3 フゥ

・・・・・・

!?(゜〇゜;)マ、マサカ... ベニツケギンポか・・・

あり得る。コイツの口はかなりでかい。

ダイナンギンポ

うかつだったも・・・可能性はある。

そんなに大きくないが、やっぱり固体差は5倍近くあった。

もう少し、慎重に固体の大きさを調整しなければ・・・。

結局、純粋なギンポは享年4ヶ月弱
2008/12/20~2009/04/16
今まで、本当にありがとうございました。


モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ
2009/03/17(Tue)
My潮溜まりの面々Part11
【アカガイ】

体長:殻幅4.0cm
採取場所:房総半島(磯の隙間) ※通常はこのような場所にはいない。
期間:2008/12/20~現在
エサ:不明
雌雄:不明
寿命:調査中
適応水温:通年確認でであり、恐らく屋内であれば常温で大丈夫と思われる

アカガイ

アカガイ

特別なエサを与えているわけではないが、非常に元気にいる。

本来、赤貝は砂泥地に潜って生息しているのですが、
私がたまたま見つけたこの固体は、溶岩質の磯の間にコロっといたものです。

まさか磯にいるなんて全く想像していませんでしたから、見た瞬間には、変わった貝をGetしたと思い、テンションUP。

マジマジ見ると、ん?これって?赤貝

この赤貝は、どうもその岩の隙間で成長していたらしく、殻にケヤリ虫の巣が出来ています。

本当に稀な固体ですね~~~。

磯の間での生活が永いせいか、この赤貝は砂地に潜る気配は全くなし。
っつ~かベロが退化してるというか、短い固体になっていました。





モチベーションがUPできちゃう「ポチっとな」をヨロロ(^0^ゞ (^ー゚)♭⇒にほんブログ村 観賞魚ブログ 海水魚へ




          
         
はじめに
当ブログでは、海で楽しく遊べるように磯遊びを中心として、防波堤や砂浜で採取できる生き物や道具を紹介していきます。 【お願い】 当ブログでは、各場所の詳細情報はカキコしておりません。不特定多数の方々に情報発信ができるインターネットにより、各地元住民への多大なるご迷惑が発生している事実がございます。 よって磯遊びのピンポイント等に関しては、残念ながら紹介はしておりませんので、ご了承下さいませ。 個人的趣味ブログですので、当ブログの情報には間違いもございます。あらかじめ参考程度として頂きたく思います。 それではよろしくお願い致します。
プロフィール
  • 性別
    男性
  • 住所
    東京都深海120m沈没船
  • 年齢
    8歳
  • 誕生日
    08月08日
KIRIN FREEを片手に、磯遊びを満喫^^ 根っからの磯遊び好きな妄想ダイバーが、潮溜まりで採取した魚を水槽で観察。 My潮溜まりをレイアウトして、日々の観察日記を書いています。
            1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
           
最新記事
最新コメント
カテゴリ
タグクラウド
RSS
このブログを無料購読したい方は下記をクリック願います